Apple Watch Series3からApple Watch SEに切り替えて快適に

Apple Watch Series 3を購入したのが、2020年の2月。一時期違うスマートウォッチをはめていた時期がありましたが、2022年の6月までは左腕にはめて愛用していたのです。
購入して2年と4か月たったときに、Apple Watch Series 3はwatchOS 9 のアップデートリストから外れることもあり、Apple Watch SEを購入しようかと思ったのです。
そして、2022年6月にApple Watch SE(初代)を購入したのです。
あと3か月待てば、Apple Watch SEが2代目になるということはわかっていましたが、ほしいときが買い時ということで。

目次

Apple Watch Series 3とさほど変わりがないApple Watch SE(初代)

Apple Watch Series 3は38mmを使っていたため、Apple Watch SE(初代)40mmにチェンジしても大きさはさほど変わらないのですね。そのおかげで38mmと40mmのバンドは共通。今まで使っていたApple Watch Series 3用のバンドがそのまま使えるのはありがたい。

腕にはめた感覚も同じなので、あまり新しいApple Watchに変えた感はないのですが、文字盤のレパートリーが増えるのでテンション上がるのです。

(2022年9月現在でのおすすめは2代目Apple Watch SEですね)

Apple Watch SE 第2世代(GPSモデル)- 40mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド – レギュラー

Apple Watch SE(初代)に変えて良かったのが文字盤増加

Apple Watch Series 3は38mmからApple Watch SE(初代)40mmに変えて良かったところは使える文字盤が増えたことです。

インフォグラフやカリフォルニアが使えるのは良いですねえ。

watchOS 9が体験できることも購入の決め手にはなっているのですが、最新の文字盤を使えるのも重要な要素です。

文字盤の「輪郭」は、Apple Watch Series 7とApple Watch Series 8しか使えないので、その点は残念ですが、Apple Watch Series 3よりも文字盤が増えたのでOKなのです。

今購入するならApple Watch SE(2代目)がおすすめ

Apple Watchをお試しで使ってみたい、そんなに高機能でなくてよいので、リーズナブルに手に入れることができるApple Watchがほしいという人にとっては、Apple Watch SE(2代目)は良い選択肢です。

  • 常時表示ができない
  • 血中酸素濃度センサーではない
  • 電気心拍センサーではない

という部分が許容できるなら、Apple Watch SE(2代目)は良いと思います。

Apple Watch SE 第2世代(GPSモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド – レギュラー


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

目次