iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

iPhone 13シリーズ発表!iPhone 13 ProよりiPhone 13 miniが気になる

日本時間2021年9月15日の午前2時、新型iPhoneのiPhone 13シリーズと新型Apple Watch、新型iPad miniが発表されました。
「iPhone 13シリーズ」と「Apple Watch Series 7」は当然発表されると思っていたので、想定内でしたが、「第9世代 iPad」と「第6世代 iPad mini」が発表されるとは予想していませんでした。
10月に出るかなと思っていたので。
さて、iPhone 13シリーズは、これまであがっていた噂通りの端末になっていて、ここ数年新鮮味はないと思っていたのですが、やはり発表会の中身をみるとワクワクしますね。

今年は、リアルタイムで視聴をせず明け方発表会の内容を確認したのですが、うん、13ほしいかもという感想を持ちました。
とくに、惹かれたのは「iPhone 13 mini」です。

iPhone 12のメジャーアップデート版としてのiPhone 13

Apple Event より

iPhone 12でデザインを一新し、スクエアでエッジのきいたデザインに戻したことから、iPhone 13シリーズは大きな見た目の変更はないだろうと思っていたら、やはりその通りになりました。

しかし、随所に進化したところも多く、魅力的な端末に仕上がっていると思います。
とくにカメラ周りは注目したい部分です。
これ使ってみたいよね!というものが多くありました。

ノッチが縮小した

iPhone 12のときに、ノッチ(切り欠き)が小さくなるかもといわれていましたが、結局iPhone 11と同じ大きさでした。

しかし、iPhone 13では約20%面積が狭くなり、表示領域が増えています。
縮小といっても横方向は狭まりましたが、縦方向は若干広くなっているようです。

完全にノッチがなくなるのは、iPhone 14かなと予想しますが、iPhone 13でバッテリーの残量表示が可能であったら良いなあと思います。

カメラユニットが変わった

iPhone 13と13 miniのレンズは斜めに配置されたデザインになりました。
バッテリーの容量を増やした関係とセンサーシフト光学式手ぶれ補正うを搭載したことによるものだと思いますが、斜め配置のレンズユニット良いですねえ。個人的に好きな配置です。

iPhone 13 ProとPro Maxのレンズユニットは大きくなり、存在感がましましの背面になっています。
これ、目をひきますよねえ。

カメラの進化が止まらないiPhone 13 Proシリーズの象徴ですね。

とりあえず試したいシネマティックモード

Apple Event より

今回のiPhone 13の発表で「これは使ってみたい!」と思ったのが「シネマティックモード」です。

映画のような動画を撮ることができるモード。

被写体にフォーカスを合わせながら、その周辺に美しい被写界深度エフェクトを作り出します。

Apple

これが美しい。

目立つ被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測。フレームに入った瞬間にフォーカスを自動で切り替えます。見た目も雰囲気も映画のようなビデオを、軽々と撮れるようになりました。

Apple

動画撮影は、すべてiPhone 13におまかせで良さそう。

iPhone 13 miniのバッテリー駆動時間がのび魅力的な端末になった

Apple Event より

iPhone 11を1ヶ月ほど使ってから、またiPhone SE 2に戻した身としては、コンパクトなiPhoneに惹かれます。

ただし、iPhone 12 miniはバッテリーのもちが今ひとつという声も聞くので、コンパクトかつスタミナ重視という層には、手を出しにくかった感があります。

でも、今回5.4インチのiPhone 13 miniは、バッテリー容量を増強して登場しました。

小さなiPhoneがいいけど、バッテリーすぐなくなるのは困る!という人にも刺さる端末になっていると思います。

iPhone 12 miniの販売が予想よりも低調という情報がありますが、iPhone 13 miniは売れるんじゃないでしょうか。

私はiPhone 13 miniほしいですね。

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする