iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

旅先にはiPhoneとChromebookがあればなんとかなる

Chromebook 14a

1泊2日の小旅行に、携行するガジェットを何にするかは結構悩む部分。移動手段が何かによっても持ち運ぶものを厳選しないといけません。

電車や飛行機の場合はできるだけ荷物は少なく軽くしたいところですね。そうなると、持ち運ぶガジェットは1kg未満のタブレットかミニPCあたりが限度です。

車で移動する場合は、フルセットを積み込んでもOKですね。ラップトップ、タブレットも持ち運んでも大丈夫です。
とはいうものの旅先ではっきりとわかるのが、自分にとって一番使いやすいガジェットは何かということです。

私の場合は、2021年3月時点で万能感があるのが、HP Chromebook 14aです。

iPad Air 4かChromebookか

現在1泊2日の小旅行をしている最中なのですが、何を持っていくのか、どれを置いていくかを旅行前に考えました。
本格的に仕事をする必要がないので、iPhone SE(第2世代)だけでもいいかと思ったのですが、時間があるので、仕事をしたくなるかもしれないし、こんなふうにブログを書きたくなるかもしれないので、iPhoneだけだと不安なのです。

今回は車での移動なので、とりあえずラップトップとタブレット、Kindleを持ち運ぶことにしました。

車に積み込んだもの

何をしたくなるかがわからないので、とりあえずiPhone以外にいつも使っているガジェットを車に積み込みました。

  • HP Chromebook 14a
  • iPad Air 4+Apple Magic Keyboard
  • Kindle Paperwhite

これにプラスしてすべてのガジェットのケーブル類もカバンに入れました。

Kindle Paperwhiteは読書に最適

AmazonのKindle本を読むのは、iPhoneでもiPadでもChromebookでもOKですが、やはり専用端末のKindle Paperwhiteが一番読みやすいのです。
目に優しいディスプレイで、屋外でもハッキリクッキリと文章が読めるのは最高です。数冊文庫本を持ち歩くのであれば、Kindle Paperwhite1台を持ち運んだほうが軽いし、十分すぎるくらいの本を携行することができますからね。

旅先に、Kindle Paperwhiteはあってもいいガジェットです。

iPad Air 4+Apple Magic Keyboard

iPadと外付けキーボードがあれば大抵のことはできます。ブログの更新やGoogleドキュメントやスプレッドシートも何とか使うことができます。テキスト入力もキーボードがあれば大丈夫です。

ただ、私にとってはラップトップのようにスムーズに作業ができないのです。キーボード+トラックパッド、ファイルの管理がMacのように自在に使えるようにならないと、テキスト中心の作業をしていても、できるのはできますが、効率的に素早くできないのです。

できる快適にできるは違うんだなあということがわかりました。

Chromebookは現状問題なく使えるラップトップ

Chromeしか使えずネットがないと本領を発揮できないと思われているChromebook。確かにネットにつながってないと使えない部分はありますが、逆に考えればネットに繋がっていさえすれば、私が日常している作業はほぼ全部できるということなんです。

Chromebookは動画の編集以外であれば使える

ホテルについてから使うガジェットとして、iPad Air 4を使っていましたが、結局HP Chromebook 14aを使ってこれを打っています。

文章入力からブログの更新、Googleドキュメントやスプレッドシートのチェック編集は、iPad Air 4でできないことはないのですが、Chromebookのほうが素早く快適にできるんですね。
だから、結局Chromebookを使うことになってしまうんですね。

SDカード経由でコンデジのデータを移すのもChromebookだと簡単

コンデジも携行しています。非常に古い機種ですが、まだ使えるカメラOLYMPUS STYLUS XZ-2。このモデルはデータをWi-Fiで飛ばせないので、SDカード経由で移さないといけないんですね。

周辺機器として、USB-C/Lightning端子の両方を備えているカードリーダー/ライターを持ち歩いています。
これがあれば、iPad Air 4でもChromebookでもデータを移せるんですね。

SDカードリーダー 【Lightning/Type-c/USB/Micro USB 4in1】 マルチカードリーダー OTG機能 高速データ転送 容量不足 メモリー解消 ファイル管理 メモリー カードリーダー SD/Micro SDカード両対応 USBカードリーダー iPhone/Android/Macbook/パソコン/タブレット対応

ファイル管理的に考えてもまだChrome OSのほうがわかりやすいというか扱いやすいんで、XZ-2の画像データを移して少し画像を調整してSNSにアップするということも比較的簡単です。

同じことをiPad Air 4でしようと思うとやや煩雑になることもあり、結局iPad Air 4はカバンにしまい、Chromebook 14aで作業をすることになってしまいました。

iPadかChromebookかは今まで使ってきた機種と慣れの部分で違ってくる

iPadとChromebookのどちらが使いやすいかは慣れの部分だと思います。私の場合、長い間macOSやWindowsを使っているので、そのやり方のほうが効率的になっています。iPadOSとChrome OSを比べると、Chrome OSのほうがMacやWindowsを使っている感覚に近いことが作業効率の差になっているのだと思います。

iPadOSを縦横無尽に使いこなして、仕事のほとんどをiPadだけでこなしている人も多いと思うので、iPad Air 4が使えないというわけでは決してありません。iPad Air 4はスペック的にも非常に高くできることが多いのです。

ただ、個人的にChromebookのほうが今やりたいことに関して使いやすいというだけのことです。

ということで、私の旅先の相棒はiPhone SE2とHP Chromebook 14aの2台あれば大丈夫という結論になりました。

動画の編集などのクリエイティブなことをしたくなると、Chromebookでは役不足なのでMacBook Airあたりがないとダメということになりそうですが、今のところ出先で動画の編集をすることはないので、この2つのガジェットがあれば問題ないでしょう。

それにしてもHP Chromebook 14aは3万円台ながら非常にバランスがよいマシンであることがあらためてわかりました。
Chromebookに興味がある人は、エントリー機として考えてもいいと思います。3万円台ならちょっと試してみるかという価格帯だし、価格以上もものはあると個人的には思います。

【Amazon.co.jp 限定】Google Chromebook HP ノートパソコン 14.0型 フルHD IPSタッチディスプレイ 日本語キーボード インテル® Celeron® N4020 14a 限定カラー

もうちょっと小型がいいという人は、Ideapad Duetが2021年3月21日現在2万円台です。スペックはエントリークラスですが、コンパクトなのでサブ機としていいでしょうね。

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad Duet 10.1インチ 日本語キーボード WUXGA MediaTek Helio P60T 4GBメモリ 128GB eMMC モデル ZA6F003AMZ

ASUS Chromebook Detachable CM3 も同じようなスタイルのChromebookですが、Amazonでは売り切れみたいですね。

ASUS Chromebook Detachable CM3 ノートパソコン(10.5インチ/日本語キーボード/インカメラ・アウトカメラ/WUXGA/MediaTek MT8183/4GB・128GB eMMC)【日本正規代理店品】【あんしん保証】CM3000DVA-HT0019/A

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする