Fire HD 10ではなくiPad Air 4thのKindleアプリを使いKindle本を読むメリット

Fire HD 10は2019年モデルを所有しています。USB-Cにも対応したし、動作も全モデルよりも速くなり、なんといってもmicroSDに対応しているので、自分の増やしたい容量だけデータ領域を増やせる部分に魅力を感じています。

しかし、Fire HD 10でちょっとなあと思っているのが、フォントの大きさの調整です。
Kindleのように小刻みに調整できればいいのですが、ある大きさを境に一気にフォントが大きくなるんですよねえ。

「このフォントの大きさをもう1段階上げれば最適の大きさになる」というところで、1段階上げちゃうと一気に大きくなってしまうんですとね。
ここが非常に惜しいというか改善して欲しい点なのです。Kindleで電子書籍を読むときのフォントの大きさを均等に調整できるように本当にして欲しいのです。

その点、iPad Air(第4世代)を含めてのiOSデバイスのKindleアプリはフォントの調整が均等にできて非常に良いですね。
無印KindleやKindle Paperwhiteなどのようにフォントの大きさを小刻みに調整できるのである意味Fire HD 10よりも読書には適しています。

目次

iPadのフォント調整は小刻みにできる!

iPad Air 4thのKindleアプリを立ち上げて読書モードにして、フォントの大きさを最小にしてみます。

▼さすがに最小は小さいですね。
iPad AirのKindleアプリ

▼ここから徐々にあげていきます。
iPad AirのKindleアプリ

▼最適なフォントはこのくらいですね。
iPad AirのKindleアプリ

▼最適な大きさをパスしてどんどん大きくしてみます。
iPad AirのKindleアプリ

Fire HD 10の場合は最小から確か6段あげるとガンっ!とフォントが大きくなるのですが、iPad Air 4thは微調整が可能です。これはiPhone、iPadのiOSデバイスであれば微調整が可能です。

読みやすいように調整する設定は他にもある

Kindle本を読みやすくする設定は他にもあります。

▼間隔とマージンを調整します。
iPad AirのKindleアプリ

▼微調整をせずにインプットされている大きさのセットを使ってもOK!

間隔とマージンを調整することで、さらに自分にぴったりの読みやすい画面設定が可能です。

フォントサイズにこだわりたいならiPadでKindleアプリを使ってみよう

Fire HD 10の画面は綺麗だし、Kindle本、とくに雑誌を読むのには最適なのですが、文字だけのKindle本を読むときには、どうしてもフォントの大きさの一気トビが気になってしまいます。

フォントの大きさや間隔、マージンを微調整してiPad Air 4thでKindle本を読んでみましょう。自分の好みのフォントの大きさに設定ができるし、大画面なので快適に読めますよ!

iPad Air/10.9 2020モデル ペーパーライク フィルム 紙のような描き心地 反射低減 アンチグレア 保護フィルム ペン先の磨耗低減仕様 「PCフィルター専門工房」

気になるものを探そう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

目次
閉じる