iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

Googleのサービスを2年以上放置しているとデータが削除されてしまうかも

Google

Googleは「Googleフォト・Gmail・Googleドライブ」に関するサービスポリシーを2021年6月1日に変更するとアナウンスしています。

新しいサービスポリシーでは、2年間「Googleフォト・Gmail・Googleドライブ」を利用していない場合は、3つの対象サービスのデータを削除することがあるということです。

サービス内のデータが全削除される可能性もあり

Googleアカウントに割り当てられた無料の保存容量15GBありますが、その15GBを2年以上こえたままにしていて、空き容量を確保したり、追加の容量を契約しないときは、アカウント内のすべてのデータを削除する可能性もあるので、適切に2021年6月1日までに対応しなければ、データが消え去ってしまっても仕方がない状態です。

GmailとGoogleドライブを現在進行系で利用しているけど、Googleフォトは利用していない。Googleフォトを利用していない期間が2年以上であれば、Googleフォトのデータが全部削除されてしまうということです。

これは一例ですが、使っていないサービスのデータだけ削除されるということなんですね。

回避方法

15GB以上使っている状態であればこのような回避方法があります。

・空き容量を増やすため、いらないファイルを削除する
・追加容量を購入する

削除するというアナウンスは、削除対象の3カ月以上前に通知が来るようです。
通知とともに、上記の回避方法も案内されるということです。

データを削除する開始日は、2023年6月1日なので該当ユーザーは対策をしないと、データがなくなってしまう可能性が高くなります。

使っていない「Googleフォト・Gmail・Googleドライブ」があるかどうかを確認して適切な対応をしましょう。
使っていないアカウントがある人は、そのアカウントを継続するかどうかも考えて対応してくださいね。

【Source:Google One ヘルプ

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする