iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

iOS 14.2でバッテリーの消費が異常に早くなる不具合が発生!旧モデルはアップデートに注意

iOS 14.2をインストールした一部のiPhoneでバッテリーの消費が異常に早くなる不具合が報告されているということです。
情報元はApple Developer ForumsやRedditの投稿です。

たった30分でバッテリーが50%も減ってしまう

iOS 14.2をインストールしたiPhoneの一部モデルで、30分でバッテリーの残量が50%以下まで減少すると報告が上がっています。
また、数分間使用しただけで電池残量が5%も低下するパターンもあるとか。

この不具合はソフトウェアに関連しているようです。

不具合が発生する可能性があるiPhoneは以下のモデルです。

・iPhone 6S
・初代iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone XS
・iPadOS14.2で動かしている2018iPadPro

私も未だ使っているiPhone7では、このバッテリーの不具合はでていません。
現在ベータ版が出ているiOS14.3およびiPadOS14.3が、年内にリリースされバッテリー問題を修正する可能性があります。

ということは、現在上記のモデルを使用している人は、Appleがこの問題を修正するまで、iOS 14.2への更新は待ったほうが賢明かもしれません。

【Source:MacRumors

アバター
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする