iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

iPhone 6sと初代iPhone SEは2021年のiOS15のサポート外になる?

Appleが2021年にリリースするであろうiOS15で初代iPhoneSE、iPhone 6s、iPhone 6sPlusのサポートを終了する予定だと9to5Macが伝えています。
この情報は、これまでiOSのサポートモデルの予想が的中しているTheVerifierのものなので、参考になる情報です。

2021年のiOS15サポートモデル予想

iOS15をサポートするモデルの予想です。

・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 mini
・iPhone 12
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPod touch(第7世代)

iPhone6sとiPhone6s Plusは2015年9月に発売されました。その後、2016年3月に初代iPhone SEが発売されています。
4年から5年の間、Appleのサポートを受け続けることができたのですが、iOS15は体験できないようですよ。

コンパクトなiPhoneを使いたいという人にとっては、現在発売中のiPhone12 miniとiPhoneSE(第2世代)のどちらかを選び、iOS15を楽しむか、2021年のiPhone13(仮称)で、miniサイズのものがでれば、それが最有力候補になるかもしれませんね。

とりあえず、初代iPhoneSE、iPhone 6s、iPhone 6sPlusを使っている方は、iOS15が配信されるであろう2021年9月までは猶予がありますので、じっくりと後継機を考えてください!

[Source:9to5Mac]

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする