2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

iOS14でついにホーム画面のカスタマイズが解禁される!iPhoneの使い勝手をさらに高める

日本時間の6月23日にiOS14が発表になりました。WWDC 2020では本来ハードウエアの発表はないことが多いのですが、噂ではiMacかARM版MacBookの発表があるかもということだったので、期待をしていました。しかし、結局Apple Siliconの発表はあったもののハードウエアの発表はなしのWWDCでしたね。
でも、iOS14は着実にiPhoneが進化する機能の追加などあったので、一般公開されるこの秋が非常に楽しみです。

ホーム画面のカスタマイズとメーラーとブラウザのデフォルト変更が可能に

iPhoneはSoftbankが初めてiPhone 3Gを発売したときからのつき合いです。併用してAndroidも使っているのでiPhoneの良いところ、Androidの良いところ、それぞれ比較しつつ使っている期間がほとんどでした。

しかし、iPhoneSE(第2世代)を手に入れてから、Androidスマホ(HUAWEI P20 lite)は電源オフ状態です。サブとしては、今まで使っていたiPhone7にLINEモバイルのSIMを入れて使っています。

サクサク動いて問題なしのiPhoneSE(第2世代)ですが、ホーム画面のカスタマイズができないのがAndroidと比べるとちょっともどかしいなと思っていました。

それがiOS14で、ウィジェットを自由に配置してカスタマイズできるようになるという発表。「やっと、ならんだか」という思いと期待が入り混じっています。

また、今までAppleが拒んできたメーラーとブラウザのデフォルト設定の変更が可能になりました。メーラーを純正のメールアプリではなく、他社のメールアプリを使っている方も多いでしょう。ブラウザもSafariではなく、Chromeを使っているという人も多いかもしれません。

でも、デフォルトとして設定ができないので、起動までひと手間かかっていたんですね。これが直に開くことができるようになると、助かる!という声が聞こえてきそうです。

ウィジェットを含んだホーム画面のカスタマイズやデフォルトのメーラーとブラウザアプリの変更は、Androidでは以前からできていたことです。これがiPhoneでできないのが、ちょっともどかしく感じていました。
しかし、ついにiOS14でこの2つの部分ができるようになります。

iPhoneでこれができないからなあ、という理由でAndroidに乗り換えるというパターンは阻止できそうですね。

個人的に期待したいのは翻訳機能

翻訳機能がiOSの機能として取り込まれました。オンラインだけではなく、オフラインでも利用できるのはありがたい部分です。単純な翻訳だけではなく、会話モードで双方向にコミュニケーションがとれるようになるには便利です。

iOS用の中途半端な翻訳アプリは今後なくなってしまうかもしれません。現状対応しているのが11言語ということなので、数はそう多くはないですが精度が高ければ十分に役立つ機能です。

個人的にはこの機能に注目しています。早く使ってみたいという機能です。

インストール不要で利用可能App Clips

App Clipsは店舗や事業者の採用、構築次第で便利になりそうな機能&サービスです。ユーザーは専用のアプリをインストールすることなく、店舗での決済などをApple Pay経由でスマートに素早くできる機能。

利用はQRコードやNFCなどをスキャンすることで、店舗等のサービスで本来使うアプリの一部をダウンロードし決済等ができるようになります。

AndroidにはInstant Appというものが以前からありますが、App ClipsのポイントはApple Payと紐付いているところです。
App Clipsは国内でもどんどんと利用可能な場所ができてほしいですね。

Androidしかできなかった機能を実装したiOS14

今までiPhoneを使ってきて、これができたらなあと思っていたのがホーム画面のカスタマイズ。Androidの自由度がほしいと思っていました。iOS14でも完全にAndroidと同じことはできないのですが(アイコンの自由配置ができないっぽい)かなりいい感じになってそうです。

実用的な翻訳機能やサービスが国内で展開されれば便利になりそうなApp Clips。ここまでは触れませんでしたが、Face ID 系のiPhoneで利用可能は背面タップなど、今回のiOS14の発表内容は十二分に魅力的なものになっています。

今回のiOS14は、AndroidしかできなかったことをiPhoneでもできるようにして、これができないからiPhoneからAndroidにしようというユーザーを出さないための進化ととらえることができると思います。

このiOS14で、iPhoneとAndroidの違いがさらになくなります。ただ、iPhoneの有利な点は、AppleだけがiOSのiPhoneを提供しているところです。これが、AndroidスマホというカテゴリーではなくiPhoneというブランドの確立につながっているのだと思います。

囲い込みはきついけど、macOSとiOS、iPadOSの中に入ってしまうとその快適さからなかなか抜け出せなくなります。

対応iPhoneはiOS13が動くモデルであればiOS14をインストール可能です。アップデートモデルの多さもiPhoneの利点。長く使えるんですiPhoneは。

来月にはベータ版を試すことができそうなので、サブのiPhone7に入れてみようかと思っています。
楽しみです!

【画像:Apple

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする