2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

初めてでもどこでもiPhone,iPadにつないでも楽しめる新楽器「インスタコード」に注目!

iPhone、iPad、MacでGarageBandを使って演奏したり作曲したりとAppleは音楽を身近なものにしてくれました。それにプラスして、iPhoneやiPad、Macにつなぐことができる電子楽器があればさらに楽しくなります。
それを実現してくれそうな新楽器が1年後に登場します。それが「インスタコード(InstaChord)」です!

インスタコードはコード演奏のハードルを限りなく低くした新楽器

ギターやピアノなどは比較的手にする人も多く、弾くことができる楽器として上位にくるものだと思います。でも、初めての人にとって越えなければならないハードルは意外と高く、その最初のハードルを越えるのが大変だったりするのです。

例えばギターであれば、最初のハードルは「F」のコードでしょう。フレットを人差し指でうまく押さえないと音がきれいに出ない初心者が苦労するコードです。でも避けて通れないのが「F」なので、何度も何度もFがきれいに鳴るまで練習することになるのです。

練習を繰り返すことによって演奏はうまくなるのですが、もっと簡単にコードが弾けるようになれば気軽に楽器に親しむ人も増えるはずです。

楽器を演奏できたら楽しい!そう思っている人はたくさんいる!その「弾けたらいいなあ」という思いにこたえてくれる新電子楽器が「インスタコード(InstaChord)」です。

演奏はボタンを押して弾くだけ

インスタコードはコード(和音)を楽しむ新楽器。ギターのようにかき鳴らして弾くことができるし、アルペジオっぽく演奏することも可能です。

ピアノのような音も出せるし、なんだったらドラムの代わりもできちゃったりするんです。
でも、基本はコード。6つのボタンを押しながら演奏を気軽に楽しむ楽器です。メジャーからマイナーのコード変換ボタンもあるので、6つのコードしか使えないというわけではないんですねえ。

今までギターなら5本の指をフル活動させていたのが、インスタコードなら普通は1本、コード変換をするときには2本と、最大2本でコードを押さえることができるなんて夢のようです。液晶にコードは表示されるので、それを見ながら演奏すればいいので安心です。これなら初心者にもぴったりだし、気軽にコンパクトな楽器を持ち歩きたいというニーズにも対応してくれますね。

インスタコードのスペック

インスタコードのスペックはこちらです。

サイズ:L 420mm x W 210mm x H 50mm
重量:730g
演奏モード:
– ストラム(ギターのようにはじく)
– ヒット(ピアノのようにたたく)
– プレス(押さえる強さで音量が変わる)
音色:内蔵128音色(パソコンやiOS端末にMIDI接続することで音色は無限に増やせる)
搭載音源:SAM2695(フランスDream社製)
演奏可能コード:maj, m, 7, m7, M7, mM7, 6, m6, add9, madd9, 7sus4, dim7, aug, m7-5
有線接続:
– 3.5mmオーディオ端子(ヘッドフォン)
– USB-C端子(充電・USB-MIDI兼用)
無線接続:Bluetooth LE MIDI(iOS, Macに接続可能)
バッテリー:3400mAh、動作時間約10時間、充電時間約8時間

重量も適度だし、バッテリーで10時間の演奏を楽しめるので、持ち歩き用の楽器としては最適だなあと思います。
価格は32,780円(税込)で手元に来るのは1年後を予定しています。演奏可能なプロトタイプ機は3台あるそうで、これからさらにブラッシュアップするために1年ほど期間をいただくということです。

購入方法は?

クラウドファンディング(きびだんご)で予約できますよ。2,000台を生産するためには5,000万円必要ということで、現在絶賛受付中です。期限は7月21日まで。6月5日現在、注文は2,000万円をこえているようです!

2,000台までの予約注文の特典として、注文100名につき1名は1台分の代金がキャッシュバックされるキャンペーンがついています。運が良ければインスタコードが無料進呈となりますよ。限定デザインの着せ替えパネルのプレゼントもあります。

そのほか、購入金額の合計から5%分を該当団体に寄付するという売上金シェアプログラムもあるんです。
楽器を演奏したことがないんだけど、手軽に楽しく弾けるものはないかなあと思っていた人は、このインスタコードがぴったりなのではないでしょうか。

すでに楽器を持っている人も、iPhoneやiPadにBluetoothでつなぎ入力用の端末としてインスタコードを使うのもありですよ。

詳しくは下記のサイトとYouTubeの動画を見てくださいね。この記事書いていてめちゃくちゃ欲しくなってしまいました。
5,000万円を突破しなければインスタコードを手にすることはできないので、興味のあるかたはぜひとも予約注文を!

【Source&画像:インスタコード/InstaChord

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする