2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

macOS Catalina「システム環境設定の通知バッジが消えない問題」を修正

やっと、Mac miniのDockとシステム環境設定の通知バッチが消えない状態から開放されるときがきました。Appleが提供を開始したmacOS Catalina 10.15.5アップデートで、これらの通知バッチへの対処が明言されています。

バッテリーの状態管理

MacBook、MacBook Air、MacBook Proにバッテリーの状態管理機能を追加。「省エネルギー環境設定パネル」にバッテリーの状態が表示されます。

これは非常にありがたい機能ですね。Macのラップトップを使っていると、バッテリーの状態は気になりますから。バッテリーの状態を良好に保ち長持ちさせることができるのであれば大歓迎の機能追加です。

FaceTime

グループFaceTime通話で自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加されました。オンラインミーティングでiOSデバイス、Macを使っている人同士だと、FaceTimeは使えるんですよ。この機能も会議中には必要な機能ですね。

その他の修正

以下のようなものが、このmacOS Catalina 10.15.5アップデートで修正されています。

・“リマインダー”で繰り返しのリマインダーの通知が送信されないことがある問題を修正
・ログイン画面でパスワードを入力できないことがある問題に対処
・アップデートのインストール後にも“システム環境設定”の通知バッジが消えない問題を修正
・ビデオ会議アプリケーションの使用後に内蔵カメラを使おうとすると内蔵カメラが検出されないことがある問題を解決
・Apple T2セキュリティチップを搭載したMacコンピュータで、内蔵スピーカーが“サウンド” 環境設定にサウンド出力デバイスとして表示されないことがある問題に対処
・Macがスリープ状態のときにiCloudフォトライブラリからメディアファイルをアップロードおよびダウンロードする際の安定性の問題を修正
・RAIDボリュームに大容量のデータを転送するときの安定性の問題を解決
・“アクセシビリティ”環境設定で“視差効果を減らす”設定をオンにしていても、FaceTimeグループ通話でアニメーションの動作速度が遅くならない問題を修正

「アップデートのインストール後にも“システム環境設定”の通知バッジが消えない問題を修正」を待っていました。とくに実害もないもないのですが、Dockのシステム環境設定に「1」と赤いバッチがついていると気になるんです。これで小さなストレスが1つ減ります。

通知バッチが消えない!と気になっていた方は、macOS Catalina 10.15.5アップデートで解消しますよ!

【Source:Apple

今使っているMac mini 2014は、システムをSSDにおいているのでそこそこの速さで動いていますが、そろそろ最新のMac miniに切り替えたいなあとおもっていたり。9万円のMac mini、コスパがよいと思うんです。

最新モデル Apple Mac mini (第8世代の3.6GHzクアッドコアIntel Core i3プロセッサ, 8GB RAM, 256GB)

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする