コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

テレワークでもオフィスの雰囲気を作る方法!一人で仕事をしていても仕事場の雰囲気を作り出そう

日頃多くの仲間と仕事をしていたとすると、一人のテレワークは少し寂しいなあと思っていませんか。一人のテレワークはやはり少々孤独です。フリーランスを長い間やってきている私も、日頃は一人で仕事をしていることが多いので、適度にBGMを流したり、1時間に1回「アレクサ、最新のニュースを!」と言って音を流すようにしています。
そんな一人の状態の雰囲気を変えて、オフィスの感じを作り出すサービスをドイツのデザイン会社が始めました。

オフィスのいつもの音を流して雰囲気を作り出す

オフィスには、人の出入りも多いし、いろいろな音が流れています。人数によっても音の大きさや種類が違いますよね。
これから紹介するサービスは、オフィスにいる人数を設定して、その人数が出す音を流すというものです。

オフィスの環境音を流すサービスを始めたのが、ドイツのデザインスタジオ「Kids Creative Agency」です。

環境音を流すサイトに行くと、仮想のオフィスが現れます。オフィスにいる人数は5人から10人まで設定可能。男性社員は時々くしゃみをしたり、女性社員は鼻歌を歌ったりします。幾何学模様がオフィスにいる人を表しています。

パソコンをタップすれば、キーボードを打つ音が流れたり、コピー機をタップすればコピーを取る音が流れます。

いつものオフィスの雰囲気を考えて人数の調整をしてみましょう。外部スピーカーがあるなら、それに繋いで少し大きな音量で流すとより雰囲気が出るかもしれません。早速外付けのBluetoothスピーカーに使用頻度が少なくなっているFire HD 10を繋いでオフィスの環境音流しています。よい感じで仕事、できそうです。

その他の環境音を流すことができるサービス

オフィスの環境音ではないですが、自然の音やカフェの雰囲気を流すことができるサービスを提供してくれるサイトがあります。

「Noisli」は、雨音やノイズなどの環境音を流してくれるサイトです。

「coffitivity」は、カフェや大学のラウンジにいるかのようなサウンドを流してくれるサイトです。

自宅での仕事はメリハリをつけることとが大切です。その下準備として雰囲気を整えるというのもいいかもしれませんね。

【関連リンク】
[Source 画像]Kids Creative Agency
Noisli
coffitivity

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする