コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

iPhoneの調子が悪いときに試してみよう!不具合を解消する簡易的な4つの方法

iPhoneを使っていると、アプリが突然終了する、なんだか動きがもっさりとしてきたなどと感じることがあります。そんなときに試してみたい不具合を解消する簡易的な4つの方法があるんです。まずは、この4つの方法を試してみて、ダメなら最後の手段「復元」にトライしましょう。

最新のiOSかチェック後に試したい4つの不具合解消法

4つの方法を試す前に、iOSが最新版になっているかどうかを確認しましょう。アップデートがある場合は、アップデートしておきます。

●設定⇒一般⇒ソフトウェア・アップデート から

(1)マルチタスクを削除する

iPhoneのアプリで表で動作しているものの他に、バックグラウンドで動作しているアプリがあります。
裏で動いているアプリの動作を止めることで、iPhoneの動きが軽くなります。

●iPhone X以降の機種
画面の下から上へスワイプして途中で止めます。

●iPhone8以前の機種
ホームボタンを2回押します。

最近使ったアプリの一覧になるので、アプリを上にはらって終了させます。

使用したアプリがすべて終了するまで、これを繰り返します。

(2)再起動をする

電源をオフにして、もう一度電源をオンにすることで、それまでiPhoneの内部にあったキャッシュデータがクリアされます。
動作が重くなったなあと感じたら、再起動が有効ですよ。

スリープボタン(サイドボタン)の長押しで、出てきた「スライドで電源オフ」の電源ボタンアイコンを右に動かすと、再起動になります。

電源が切れてから、少し待ち、もう一度スリープボタン(サイドボタン)を長押しして電源をオン。

これで動作は幾分軽くなっていると思います。

(3)ネットワーク系がおかしいのならSIMカードの挿し直し

ネットワークの調子が悪いなあと感じたら、一度SIMカードをトレイから出して、入れ直してみましょう。
接触箇所がうまくいっていないこともあるので、ネットワークがおかしいという場合はこの方法を試してください。

SIMカードを取り出す前に、iPhoneの電源をオフにします。
そのあと、SIMカードをiPhone本体から取り出し、もう一度入れ直します。

(4)強制リセットをする

上記の3つの方法を試しても、やっぱりiPhoneがおかしいという場合は「強制リセット」をしてみましょう。
「強制リセット」はMacやPCにはつなげたままで実行しないでください。かならず、MacやPCにつないでいるケーブルは、iPhoneから外してから実行です。そのまま実行すると、データが消えることがありますからね。

●iPhone 8以降の機種
1.「音量を上げボタン」を一度押して、すぐに話します。
2.「音量を下げるボタン」を一度押して、すぐに話します。
3.「サイドボタン」を押し続けます。
4.画面にAppleマークが表示されたら、押すのをやめます。

●iPhone7
1.「音量を下げボタン」と「スリープボタン」の同時押しをし続けます。
2.画面にAppleマークが表示されたら、両方のボタンを押すのをやめます。

●iPhoneSE iPhone6s以前の機種
1.「スリープボタン」と「ホームボタン」の同時押しをし続けます。
2.画面にAppleマークが表示されたら、両方のボタンを押すのをやめます。

これで、再起動がかかります。

4つの方法を試してもダメだったときは

簡易的な不具合を解消する4つの方法を試しても、状況があまり変わらないときは、最終手段としてiPhoneを初期化したあとに、復元するという方法をとってみましょう。

動作が重いなどの症状は4つの方法で解消されることが多い

なんとなく動作が重くなったなどの症状であれば、この4つの方法で改善されることが多いです。
まず、この方法を試してみて、それでもおかしいという場合は初期化後の復元を実行する手段を取る必要があるでしょうね。

復元でもダメなら、本格的な故障かもしれないので、Appleに連絡です。

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする