2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

iPadのライブ変換をこのキーボードで使いたい!コスパの良い外付けキーボードはこれ

iOS 13.4になり、外部キーボードを使っての文章入力が快適になりました。ライブ変換のおかげで格段に文章入力が今まで以上に快適になっています。ライブ変換を体験するためには、外部キーボードが必要ですが、iOS13.4対応のiPadを使っている方には外付けBluetoothキーボードの購入をお勧めします。
外付けキーボードといえば、先日発表されたiPad Pro用のMagic Keyboardはとても魅力的な周辺機器です。今後iPadOSが更に最適化されればMacのように使えるのるのではないかと思わせてくれるもの。しかし、Magic Keyboardは周辺機器としては価格が高いですよね。コスパを優先するのであれば、一体型ではなく、外付けのBluetoothキーボードを検討しましょう。iPad Pro用Magic Keyboardの発売はまだ先ですし。

iPadと外付けキーボードを使う利点

iPadの利点は取り回しがしやすいことです。ケース一体型のキーボードは余分なものを持ち歩かなくても良いのですが、重量がかなり重くなります。見た目以上の重さに、毎回手に取るのが大変となっては、iPadの利点が消えてしまいますよね。
その点、外付けキーボードは使いたいときだけつなげば良いでので手軽です。iPadとキーボードの2つを持ち歩かなければならないので荷物は増えますが、鞄の中に入れておくだけですからね、個人的には問題なしです。

やはり純正がいい!現在手に入るMac用のMagic Keyboardを使う

現在、私はMac miniに純正のMagic Keyboardをつないで使っています。Magic Keyboardはペチペチとした打ち心地で、ストロークもあまりない薄型キーボード。慣れるまでかなり時間がかかりました。今でもそのままでは打ちにくいので、Magic Keyboardの下に3mmほどのボードを貼り付けてかさ上げしています。そのおかげで随分と打ちやすくなり、今ではMagic Keyboardでかなりはやく打てるようになりました。

充電式のキーボードなので、軽量かつ薄型で持ち運びも楽です。内蔵型のバッテリーもかなり長期間もちます。
デザインもAppleらしさ全開で美しいのですが、価格が高いことがデメリットでしょうか。あとは、ストロークがそんなに深くない軽いタッチなので、この部分に慣れるかどうかも重要です。
軽い打ち心地が好みの方には、Magic Keyboardは良い選択肢です。iPadとの相性も抜群。もしも予算が取れるのであれば、純正のMagic Keyboardは良い選択肢ではないかと思います。とはいえ、やや高めの価格設定キーボードなので、買ってから後悔しないように、実機を必ず触ってみて判断してくださいね。

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS)
Apple(アップル) (2015-10-14)

私はすっかり慣れてしまったので、Magic Keyboardはお気に入りです。Amazonで2020年4月2日時点の価格は10,334円(税込)。

Amazonで人気の2,000円〜3,000円台キーボード

Amazonで人気の低価格キーボードの中から、評価が高いものを見てみましょう。

Ewin キーボード

大きさが295×120×20mmの290g。単4電池2本で100時間駆動します。日本語配列です。
Amazonで2020年4月2日時点の価格は2,380円(税込)。

LINNSE ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

大きさは285×120×22mmで約200gと軽量コンパクトです。単4電池2本を使用。省電力モードで3ヶ月以上もちます。静音仕様。
Amazonで2020年4月2日時点の価格は2,380円(税込)。

iCleverキーボード Bluetoothキーボード 折りたたみ式

折りたたみ式であれば、より手軽に持ち運びができます。iCleverキーボードは二つ折りで重量が157gと非常に軽量。キーボードの開閉で電源のオンオフができるので、この点も便利です。外装はレザー風というところもおすすめポイント。充電式で60時間もちます。
Amazonで2020年4月2日時点の価格は3,599円(税込)。

エレコム キーボード Bluetooth パンタグラフ ミニキーボード

私が使用しているのがこのキーボードです。エレコムのTK-FBP102。量販店で特価ででていたもの。実際にキーを打ってみて、軽めのタッチが気に入って購入しました。iPadの接続も問題なしです。エンターキーが英字キーボードのようにバー形式ですが、Chromebookで慣れているので大丈夫でした。日本語配列です。


上がTK-FBP102で、下がMagic Keyboardです。ほぼ同じ大きさで287×121×20mmで264g。単4乾電池2本で約1年使用可能。パンタグラフ式なので、打ち心地は合格点です。チープさはありますが、2,000円台なので気軽に持ち歩けていつでも使えます。

iPadとこのキーボードを使って、ライブ変換を楽しんでいます。Amazonで2020年4月2日時点の価格は2,900円(税込)。

多くの種類があるキーボードは予算に応じて最適なものを

予算が許すのであれば、AppleのMagic Keyboardがおすすめです。とりあえずサブでという場合は、2,000円から3,000円のキーボードで大丈夫です。コスパが良いキーボードでも、キータッチは重量。大手量販店で実際に打ってみることをおすすめします。

iOS 13.4のiPadと外付けキーボードがあれば、どこでもテキスト入力が快適にできるようになりますから、キーボードはぜひともそろえておいていただきたい周辺機器です。

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする