2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

Apple iOS版iMovieのアップデートで「Magic Keyboard、マウス、トラックパッド」をサポート

iWorkがiPadOS 13.4にアップデート済みのiPadで「Magic Keyboard、マウス、トラックパッド」をサポートしましたが、iMovieも「Magic Keyboard、マウス、トラックパッド」をサポートするアップデートを開始しています。なお、iPad Pro用のMagic Keyboardは5月に発売予定です。

アップデートしたiMovieのバージョンは2.2.9。

iMovieの主なアップデート内容は以下の通り。iPadOS 13.4にアップデートの必要があります。

2.2.92020年3月31日
• Magic Keyboard、マウス、またはトラックパッドを接続したiPadとiMovieの組み合わせにより、まったく新しい方法でムービーや予告編を作成できます
• キーボードショートカットでビデオをすばやく時計回り/反時計回りに90度回転させることができます

iPadでiMovieの編集をするときには、マウスよりはトラックパッドの方が便利だと思います。今、Mac miniでロジクールのT651というトラックパッドを使っていますが、そのT651をiPadとつないでも、ピンチイン・ピンチアウトの動作には対応していないので、残念ながら通常のマウスと同じ使い方になってしまいます。

Apple Magic Trackpadや、iPad対応のトラックパッド(現状見つけられないのですが)であれば、相当に作業効率は上がると思います。
日頃からiPadのiMovieを使って動画編集をしている人は、Magic Trackpadの導入を検討しても良いかもしれません。デザインだとiPad Pro用のMagic Keyboardがめちゃくちゃカッコイイんですけどね。

[Source:Apple]

Apple Magic Trackpad 2 - シルバー
Apple(アップル) (2015-10-14)
ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする