2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

iPadOS 13.4で日本語ライブ変換を手に入れたiPadは文章入力マシンとして実に快適だ

2020年3月25日に配信されたiPadOS 13.4の注目ポイントは、iPadで使うマウスが最適化されたことと、ついにトラックパッドをサポートしたということでしょう。マウスを使うときのカーソルの変幻ぶりにも驚くし、トラックパッドも使うことができて、よりMacライクに使えるようになったのですが、個人的に「これはいい!」と感じたのがライブ変換です。
Macでも早い段階からライブ変換はサポートされていましたが、Macのライブ変換はあまり好みではなく、使っていませんでした。

一度は諦めたライブ変換をiPadで使う

近頃は、Google日本語入力を全てのマシンで使っているので、ライブ変換とは縁がない環境で文章を多量に入力する毎日だったのです。
MacでもWindowsでもGoogle日本語入力を使用し、ChromebookはGoogle日本語入力が標準装備です。

しかし、iPadOS 13.4でサポートされたライブ変換はなぜだか非常に快適なのです。こちらが意図している変換をバッチリしてくれるという心地よさ。推測変換とは違ってタイプミスをするとライブ変換がうまくいきませんが、タイプミスをしなければ、高い確率で私が想定している変換をしてくれます。途中で推測変換候補も上げてくれるので、このあたりがMacのライブ変換よりも快適な原因かもしれません。
スペースを押す手間が省ける!本当になんだろう、この気持ち良い変換は。

Macのライブ変換と比べても遜色ない変換ぶりで驚きます。これは文章入力が捗るかもしれません。もちろん意図しない変換候補が出てきたら、スペースバーを押せば次の候補を出してくれるので、問題ないわけです。この文章もiPadで打っています。キーボードはエレコムのミニキーボードを使っているので、少し窮屈であり、このミニキーボードで打っていると、MacのMagic Keyboardで打ち間違いが頻発します。キーピッチと配列がやや違うので。

もっと快適にiPadで文章を打ちたい!最適な打ち心地のキーボードを手に入れなければ!と固く誓ったのです。それほどこのライブ変換のインパクトは大きいと感じています。

今まで何度か、iPadを文章入力マシンにしようと試みましたが、変換候補が最適でなかったり、スペースの全角と半角が使い分けできなかったりという欠点があり、文章を入力するマシンとしては使えないなと思っていました。
しかし、度重なるOSのアップデートで、変換効率も良くなり、半角全角のスペースも打ち分けができるようになったおかげで、かなり文章入力にも使えるようになってきました。

iPadのライブ変換のオンオフ


iPadOS 13.4でライブ変換は使いたくないという方は以下の設定でオフやオンができます。

設定

一般

キーボード

ハードウェアキーボード

ライブ変換(オフ or オン)

ローマ字とかなの部分に
ライブ変換のオンオフ設定の項目があります。
ここで、ライブ変換をオフすれば従来の変換スタイルになります。

iPadが文章入力マシンとして使えるようになった

今回のライブ変換とマウス、トラックパッドのサポート。カーソルの大きさも調整することもできるようになったし、エディタ等で文章入力時、文章部分にカーソルがあたると、円状から通常のカーソルに変わります。これも芸が細かい。また、アイコンに、カーソルをあてるとアニメーション効果が出るのもいいですね。

ということで、この文章も無印iPadとエレコムのミニキーボードとロジクールのマウスM557を使って書きました。このセット、いいですよ。文章書きにもってこいかもしれません。iPadとキーボードとマウス、気に入りました。持ち歩くものが増えますが、軽量でコンパクトなキーボードをセットで出かければ、どこでも文章入力マシンとして活躍するiPad。大きなChromebookを持ち運びたくないときに、このセットは役立ちそうですよ。

Apple Magic Trackpad 2 - シルバー
Apple(アップル) (2015-10-14)
売り上げランキング: 97
ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする