「Amazfit Bip」はiPhoneでもAndroidでもOKなコスパ最強のスマートウォッチ

この記事は約5分で読めます。

手頃なスマートウォッチとして「Amazfit Bip」を購入しました。Amazfit BipはXiaomiのスマートウォッチです。価格は1万円ほど。私はクーポンを使い7,000円ちょっとで手に入れました。今ではもう少し安く手に入れることができるようです。Apple Watchの4分の1の値段ですね。もちろん機能には差があるので、高機能を求める場合はApple Watchが良いでしょう。しかし、SNSやメール、電話の着信を知らせてほしい、歩数をカウントし、心拍を確認したいという要望ならばAmazfit Bipで十分です。

高機能スマートウォッチではないので、アプリの追加はできませんし、文字盤のパターンと標準状態では少ないです。他のアプリを使うことで文字盤パターンは増えるので、カスタマイズしたい方は道はあるということです。

とりあえず通知と歩数、心拍の確認ができればいいやという方にとっては、Amazfit Bipは最良のスマートウォッチではないかとおもいます。

Amazfit Bipの使用感


Amazfit Bipを購入してから毎日左手につけてはや1カ月あまりが過ぎました。上記の画像は9月のものですが、文字盤には保護フィルムを貼っています。毎日の歩数や心拍を確認しています。バッテリーのもちも良いので、バッテリーの残量を気にする必要もないのがとにかく良い!スタミナ抜群のスマートウォッチは素晴らしいと思うのです。その他、不満らしい不満もなく使っているので、手頃でかつ使えるスマートウォッチならば、Amazfit Bipをお勧めしたいと思います。

バッテリーのもちは驚異的


現在スマートウォッチを牽引しているApple Watchのバッテリーの連続駆動時間は18時間。対してAmazfit Bipのバッテリー駆動時間は30日間。本当に30日ももつのかと思われるでしょう。
実際に1カ月以上使ってみると、心拍をオン、睡眠時の記録もオン、GPSは使わない設定で21日間はもちました。残量5%を切ったので22日目に充電をしましたが、あと1日くらいはいけたでしょう。

私の使い方では1日あたり4%のバッテリー消費量です。計算上は25日もつことになりますね。実際近い値を出してくれました。心拍を測らない設定にすれば、さらにバッテリーはもつはずです。

毎日充電しないといけないなあと思いながら時計を使うのと、まあ3週間は確実にバッテリーが切れることがないから残量20%をきったら充電すれば良いか、という心理的余裕は大事です。時計ですから。

1週間以上もつ時点で合格点をあげるのですが、少なく見積もって3週間ですからね、素晴らしいの一言につきます。
しかし、ランニングやウォーキングでGPSを使うと3週間はもちません。それでも他の追随を許さないスマートウォッチです、Amazfit Bipは。

iPhoneとの連携はMi Fitを使う


Amazfit BipはiPhoneでもAndroidでも使うことができます。カスタマイズという点ではAndroidの方が良いみたいですが、iPhoneでも問題なく連携が可能です。

通知自体はiPhoneに届くものは確実にAmazfit Bipに届きます。メール、LINE、SMS、問題なしです。
そのためには最初にMi Fitをインストールして、Amazfit Bipを登録すればOKです。何も面倒なことはありません。設定の項目も毎日の目標歩数を決めるだけ。あとは心拍をはかるかどうか、はかるのであればその感覚を何分にするか、睡眠アシスタントを使うかどうかです。
あとは「アプリ通知」をオンにすればOKです。これで通知はすべてAmazfit Bipに飛んできます。

Amazfit Bipの魅力は?

結局のところ、Amazfit Bipはどんな方が購入すると満足度が高いのかということを考えると、こうではないかと。
(1)スマートウォッチに興味があるので試してみたい
(2)とにかく通知が届き、歩数と心拍がはかれれば良い
(3)1万円前後でスマートウォッチを手に入れたい
(4)時計なのでバッテリーは長くもってほしい。毎日の充電はゴメンだ
(5)いつでも時刻が確認できて、太陽が照りつける日中でも視認性が高いスマートウォッチが良い

こんな希望を持っているのであれば、Amazfit Bipが最適です。反射型のカラー液晶なので、やや色味がぼやけて見えるかもしれません。フォントもApple WatchやAndroidのスマートウォッチに比べると粗いです。ここは完全にだめな部分です。でも、反射型の液晶のおかげで、屋外でもくっきりと時刻が確認できます。文字盤は常時表示されているので、文字盤を出現させるという無駄な腕の動きは必要ありません。

Amazfit Bipのバンドは市販のものも使えます。付属のものも悪くはないです。でもおしゃれではありません。バンドを変えるだけでも随分と印象が変わると思います。AmazonでもAmazfit Bip用のバンドはたくさん売られています。カスタマイズも楽しめます。

クーポンや時期によっては7,000円前後で購入できることもあるAmazfit Bipは、コスパが高いスマートウォッチです。価格が高くないのでそんなに気を使わずつけることができるのもメリット。防水機能ももちろん備えています。個人的にはAmazfit Bipを購入して大満足です。Amazfit Bipのおかげで着信を逃すこともなくなりましたし、メールやSNSもAmazfit Bipで確認できるので、iPhoneを見る機会も確かに減っています。

Amazfit Bipはスマートウォッチを体験したいという方にとって、おすすめできる時計です。私の毎日つけています。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする