バッテリー駆動時間が長く視認性が良いスマートウォッチ選び

この記事は約4分で読めます。

Apple Watch Series 3が19,800円となり、「おっこれいいじゃない!」と思ったのですが、冷静に考えてみるとやはりバッテリーが1日持つか持たないかの時計だと、毎日バッテリーの心配をしなくてはなりません。iPhoneを使っているなら、高性能なApple Watchが一番ですが、バッテリー駆動時間の短さがネックになるという人も多いのではないかと考えます。空いている時間にちょっとずつ充電すれば問題ないよという考え方もあるでしょうが、最低1週間は持って欲しいですよね。充電のことを考えながらの使用は精神衛生上よろしくないです。バッテリーが長時間持ち視認性も良いスマートウォッチはないんでしょうか?いやいやあるんですよ、これが。なかなか良いスマートウォッチを見つけちゃいました。

スマートウォッチに求めるもの

個人的にスマートウォッチに求めるものです。

メール、SNS、着信の通知はマスト

これがないとスマートウォッチをつける意味がないですね。ここが一番求めるポイントです。スマホだけでももちろん問題はないのですが、意味もなくスマホの画面をみるのはやめたいですし、一人ならまだしも、誰かと話をしているときとか、食事とかしているときにスマホばかり見ているととても失礼に当たります。
それではそんな時はすまほーカバンの中にしまって見ないようにすれば良いのかもしれませんがなかなかそうはいかない時もあります。そのような時にスマートウォッチで各種の通知が確認できれば便利です。これは以前Pebbleを使っていた時に痛感したことです。

歩数計、心拍、などの健康管理ができる

スマートウォッチをつける利点と言うのは歩数がカウントされて自分の運動量が見える化できるということです。仕事上Macの前に座ることが非常に多いので、適度に運動しなければ確実に運動不足になりメタボからの脱却ができなくなります。
心拍は健康管理の上でとても役に立つ数字なので、できれば心拍はカウントできる機能が欲しいです。また睡眠時間を計測してくれる機能があれば、客観的に自分の睡眠時間がどのくらいなのかを把握することができ、目安の睡眠時間がクリアできているかどうかがわかります。

常時ディスプレイは表示されていること

スマートウォッチの傾向として、バッテリーを優先することからディスプレイは通常消えているスタイルのスマートウォッチが多いと思いますが、そうすると時計としての機能が果たされていないことになります。
やはり時刻の表示は常にしておいて欲しいので、ディスプレイが常に表示されている状態になっているスマートウォッチが欲しいところです。

バッテリーは最低でも1週間は持つこと

これまでApple Watchを購入しなかったのは、バッテリーの持ちです。18時間と言うバッテリーの駆動時間はあまりにも短すぎます。実際は2日ほど持つと言われていますが、2日じゃなぁと言う感じです。最低でも1週間持ってくれないと、心拍も取れないしいざと言う時にバッテリー切れと言うことになっちゃうと、テンションが下がってしまいます。スマートウォッチはバッテリーの駆動時間が長ければ長いほど、良いということです。

できれば10,000円台で手に入ると嬉しい

4、5万円払えばApple Watchを買うことができますし、他のスマートウォッチも高性能なものを購入することができます。しかし個人的には10,000円台で上記の条件を満たしてくれるスマートウォッチが欲しいと思っています。いや、欲しいと思っていました。実際上記のような機能を持っているスマートウォッチがあるのかというと、これが、あるんです。

購入したのは「Amazfit Bip」

Xiaomi シャオミ Amazfitスマートウォッチ BIP BIT PACE Lite 32g超薄型スクリーン1.28 引き続き45日間使用するgps、トラック、屋外/屋内ラン、乗り、ウォーキング、睡眠と履歴データIP68(英語版) (黒)

上記のような条件のスマートウォッチはないのかと探していたときに、Amazfit Bipが良いらしいという情報を得て、いろいろと調べていたときに、たまたまAmazonのキャンペーンで2,000円オフでAmazfit Bipを購入できるということがわかり、速攻で注文しました。
えっAmazfit Bipって何?という方は、次の記事でAmazfit Bipについて書きますのでお待ちください。とにかくPebbleの後継は、これしかないと思わせるスマートウォッチで、つけ始めてから1週間ほど経過していますが、めちゃくちゃ満足しています。

Amazfit Bipの魅力については、次の記事から語ることにしましょう!
Amazfit BipはAmazonで販売されています!

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする