岡山県井原市にて2019年7月「子守唄のふるさとを訪ねて」チャリティコンサート開催

【イベント告知】
岡山県井原市の高屋町が中国地方の子守唄発祥の地ということで、子守唄の伝承のためと、多くの子守唄の紹介をするチャリティコンサートが2019年7月に開催される予定です。

スポンサーリンク

「子守唄のふるさとを訪ねて」コンサート概要

「子守唄のふるさとを訪ねて」チャリティコンサート
日時:2019年7月21日(日)
   午後1:30開場 午後2:00開演
場所:岡山県井原市井原町311-1 アクテイブライフ井原 メルヘンホール
料金:1,000円(全席自由 料金の一部はジョイセフ西日本豪雨被災女性母子 支援 に寄付されます)

スポンサーリンク

中国地方子守唄の発祥地 岡山県井原市

岡山県南西部に位置する井原市高屋町は「ねんねこしゃっしゃりま~せ」とはじまる中国地方の子守唄の発祥地と言われています。井原市は、漫才コンビ「千鳥」のノブさんの地元。ノブさんは「井原ふるさと大使」もされているようです。

井原市の子守唄が全国的に知られるようになったのはこのような背景がありました。

岡山県井原市出身の声楽家である上野耐之さんが昭和初期のころ、母親がよく歌っていた井原市の子守唄を山田耕筰さんに聞かせたことからスタートします。子守唄を聞いた山田耕筰さんが感銘を受けて、その子守唄を編曲して発表したことで、全国で広く歌われるようになったということです。
 
今では、井原市の市民会館の時計塔から、毎日ミュージックチャイムとしてこの子守唄のメロディーが流れているそうです。

「子守唄のふるさとを訪ねて」チャリティコンサートはその子守唄を継承し、広く伝えていくことを目的としつつ、収益の一部をジョイセフ西日本豪雨被災女性母子 支援にあてられるというイベントです。

興味のある方はぜひコンサートにおでかけください。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする