2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

Mac mini 2014 爆速化を実現するために外付けSSDを起動ディスクにする【後編】

Mac mini 2014の劇遅ぶりに業を煮やして起動ディスクをハードディスクからSSDに切り替えてみました。データの格納もSSD側にして完全にハードディスクは予備に回してみました。するとメチャメチャ快適になったのです。

Mac mini SSDを起動ディスクにする

外付けのSSDをどれにするかという段階までのことはこちらにまとめました。

Mac mini 2014 爆速化を実現するために外付けSSDを起動ディスクにする【前編】

今回購入したSSDはこちら。

起動ディスクをハードディスクからSSDに切り替えるには、SSDを初期化してから、新規にmacOSをSSDにインストールします。

そのあとにハードディスクの環境をそのままSSDに復元すれば出来上がりです。

くわしくは前編の参考サイトを見てください。macOSのインストールとハードディスク内のデータをSSDに復元するのに多少時間はかかりますが、難しいことはありません。

投資額以上に効果があった起動ディスク変更

Mac mini 2014は1TBのハードディスクがネックとなって反応速度が鈍くなっていました。アプリの立ち上がりや、メールの読み込みも遅く、流石にストレスを感じるほどになっていたのです。

しかし、起動ディスクをSSDに変えて、データもアプリもまるごとSSDに復元したので、アプリの立ち上がりもメールの読み込みも格段に速くなりました。ストレスフリーです。

SSDも480GBなので、まだまだ容量的にも余裕があります。ハードディスクはそのままの環境で置いているので、いざというときにはハードディスクから起動することも可能です。

もちろんハードディスクをデータのバックアップ場所にしてもいいですね。

とにかく、全てにおいて動作が速くなったので、Mac mini 2014をまだまだ使い続けることができそうです。古くなったMac miniやiMacの動作が遅くなってイライラすることが多くなったなら、8,000円ほどの投資で快適になるなら、試してみる価値はあります。うちのMac miniはSSDを追加して、爆速(当社比)になりました。毎日快適です。

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする