映画「七つの会議」はあっという間の2時間でスクリーンの世界に引き込まれる

邦画

先週の日曜日は映画「マスカレード・ホテル」を見に行きました。そして、今週は「七つの会議」を見に行ってきました。「7つの会議」は池井戸潤さん原作です。池井戸潤さんの作品は面白いですからねえ。「マスカレード・ホテル」は原作を先に読んでから映画を楽しみましたが、今回は映画が先です。先入観なしに見ましたが、119分の上映時間があっという間。楽しめました。

スポンサーリンク

「七つの会議」の概要

Amazonの「七つの会議」項目からの引用です。

きっかけはパワハラだった! 会社の業績を牽引する稼ぎ頭のトップセールスマンであるエリート課長・坂戸宣彦。彼を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下で「居眠り八角」と呼ばれている万年係長・八角民夫だった。

グータラ社員の八角役は野村萬斎さん。見事なグータラ写真ぶりです。相変わらず声がいい。ここだけはグータラ感はないですよ。

そして役員会が下した結論は、不可解な人事の発令だった。いったい二人の間に何があったのか。いったい今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。

原島役は及川光博さん。ちょっと頼りなげな役ははまります。しかし、大活躍するのです。

スポンサーリンク

北川誠役香川照之さんはさすがの演技

野村萬斎さん主演ではありますが、香川照之さんの圧倒的な存在感。いやあ、迫力ありますよ。顔で演技させたら香川さんですと言われるぐらいの迫力ある演技を堪能できます。

七つの会議 (集英社文庫)

原作はこちら。

予告編はこちらです。

映画「七つの会議」はサラリーマンの方も、そうでない方も、女性の方も楽しめるのではないでしょうか。

浜本優衣役の朝倉あきさんも及川光博さんと一緒に大活躍。会社の闇に迫ります。

七つの会議 (集英社文庫)
池井戸 潤
集英社 (2016-02-19)
売り上げランキング: 12
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする