これから使い倒す「iPad 2018 (128GB Wi-Fiモデル)+Apple Pencil」

iPad

前の記事に書きましたが「テキスト打ちにはMacBookが一番いいよね、とりあえず一番手に入れやすくてスクリーンがでかいMacBook Air 13インチがいいのではないか、ええい、MacBook Airを手に入れてやるぜ!」という気持ちになっていたのです。しかし、熟考した結果、iPad 2018とApple Pencilを手に入れてしまいました。なぜ、MacBook Airではなく、また、iPad ProではなくiPad 2018なのか。そこに行き着くまでの経緯を記しておきましょう。

スポンサーリンク

MacBook AirとiPad 2018

心の中の葛藤を記したのは、前の記事です。MacBook Airを手に入れようと決意しました。

コスパ重視の文章書き(ライター)にはMacBook AirがいいのかiPadでもいけるのか
とりあえずライターの端くれとなって記事を書くようになってから3ヶ月。主に使っているマシンはMac mini(2014)とiMac(2009)というデスクトップ2台です。もはや20インチオーバーのモニタ...

しかし、自分の今の環境を考えてみて、MacBook Airではなくてもいいのではないかという考えに至ったわけです。

●ブログや仕事のライティングや書類作成などは、ほぼMac miniのデスクトップで済ませるし、その方が効率がよい
●毎日21.5と23インチのモニターで作業していると13インチは作業領域が狭い
●外出してノマドワーカースタイルで仕事をする環境ではないし必要性がない
●モバイルPCとしてはキーボードが使いにくいけどYOGA BOOKがある

このような作業環境から考えて、MacBook Airではなくてもいいのではないか、手軽にもっと使えるiPadでもいいのではないかと再び思うようになったのです。

もちろん、macOSとiOSは方向性が違うので同じように扱うことはできません。しかし、アプリも充実しているし、ほとんどのことがもしかしたらiPadでできるのではないかと考えたのです。

以前もこんな考えでiPadを書い続けてきたのですが、あまり活用できていない状態でした。でも、今のiPadは性能も上がり、iOSも進化し、おまけにApple Pencilという今までなかったものが出てきたので、それを使って次のステージにいけるかも、とまたまた思ってしまったのです。

さて、この考えが吉と出るかどうか、です。

ということで、iPadとApple Pencilを購入してみようと方向転換することにしました。

スポンサーリンク

iPad 2018かiPad Proか

iPadを手に入れようと決めました。そうすると、どのモデルにするかです。Apple Pencilが使えるiPadということは、iPad 2018とiPad Proです。さてどちらにするか?

MQDX2J/A ゴールド iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB(iOS)
Apple Computer
売り上げランキング: 10,262

実際にiPadを見に行き、スクリーンのサイズと手に持った感覚などを確かめてみます。

iPad Pro 12.9インチはいいですねえ。これなら大画面で快適そうです。重量もそんなに気になるほどではない。

iPad Pro 10.5インチは、デザイン的にスクリーンが大きくベゼルが狭いのでスッキリしています。これもいいです。

iPad 2018は今までの9.7インチのデザインですから、おお!という部分はありません。まさにiPadです。

取り回しのことを考えると、iPad Pro 10.5インチがベターでしょう。価格もMacBook Airより安いし。でも、タイミングの問題です。この時期にiPadを購入しようと思うこと自体、Appleの製品サイクルのことを熟知している方ならもうちょい待てばいいのにという時期です。

そう、10月末はiPadの新型が発売される時期だからです。

でも、今回の発売されると噂されているのはiPad Proです。今、iPad Proを買うのは避けるべきです。新型iPad Proが出たら後悔するでしょう。

しかし、エントリーモデルのiPadは今回の発表の中にはないでしょう。価格もiPad Proが出たからといって影響を受けにくいと考えます。現行のiPad Proの価格は下がるでしょう。でも、iPad 2018のような価格帯にはなりません。

はい、ここまででお気づきでしょう。私はコストパフォーマンスを第一に考えたいので、新型iPad Proが出ても価格に変動がなく、必要にして十分な動きをし、Apple Pencilが使えるiPad 2018をターゲットに決めたのです。

また、外出時に通信するためにセルラーモデルを選択することも考えましたが、常時モバイルルーターかテザリング用途でAndroidスマホを持ち歩いているので、Wi-Fiモデルで大丈夫だという結論になりました。

スポンサーリンク

iPad 2018は32GBか128GBか

価格第一で考えるなら32GBです。今まで使っていたiPad mini 3も15GBほどのストレージの使用量なので、32GBでも当面大丈夫です。しかし、今回はiPad 2018を使い倒したいので、価格は5万円をオーバーしますが128GBを選択しました。最低2年は使うとすると、この判断は間違っていないと思います。カラーはベゼルがブラックのスペースグレー。ケースはブラックと決めていたので統一するためにスペースグレーを選択しました。

iPad 2018とApple Pencil

iPad 2018 128GBモデル(Wi-Fi)と一緒にApple Pencilも購入。通常のスタイラスとどう違うのか、体験するためと、紙のメモや手帳を完全にiPadに置き換えるために購入しました。

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 139

今では、iPadといえばApple Pencilとなっています。Apple Pencilでないと本領が発揮できないアプリも多いので、Apple Pencilがどのようなものなのかを確かめたいと思います。

スポンサーリンク

これから使い倒すiPad 2018 128GB Wi-Fiモデル

入手したのが10月16日。まだ5日間ほどしか使っていません。iPad mini 3と比べると表示領域が広く、目に優しいです。

動作もキビキビ。iPad mini 3がこのごろややもっさりとしていたので、その違いにびっくりです。いや、快適だ。もちろん、このキビキビさを知らなければiPad mini 3でもいけるのですが、これを知ると、もう戻れないなあ。

Apple (アップル) iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MR7J2J/A (128GB・スペースグレー)

iPad mini 3は完全に初期化し、奥さん用に設定して渡しました。ちょっとしたことで使ってくれるでしょう。

とりあえずiPad 2018はいろいろとアプリを厳選して入れ、いろいろなことで使えるようにしていきたいと思っています。その過程をまた、このブログで報告できたらなあと思っています。

コスパが良いiPad 2018。良い相棒になってくれることを期待しています。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする