コスパ重視の文章書き(ライター)にはMacBook AirがいいのかiPadでもいけるのか

MacBook Air

とりあえずライターの端くれとなって記事を書くようになってから3ヶ月。主に使っているマシンはMac mini(2014)とiMac(2009)というデスクトップ2台です。もはや20インチオーバーのモニターでないと効率よく文章が書けない。ブラウザを常に3つ(Safari、Chrome、kinza)立ち上げて、それにメモであったり、egword Universal 2や、場合によってはKeynoteなんかも立ち上げているので、広いモニターでないと効率が悪くなるのです。

しかし、デスクトップのデメリットは持ち運べないこと。その点、今あるYOGA BOOKは持ち運びがしやすいし、iPad mini 3も同様。Fire HD 10は主にAmazonコンテンツを楽しむマシンとして使っているので、文章をこれで打とうという考えがないのでいいとして、手持ちのマシンでなんとかなるのかというとならないわけです。

スポンサーリンク

小さいは正義ではなく大きいことが正義である年代

スマホはちっこいiPhone SEを愛用しておりますが、それ以外はできるだけスクリーンは大きほうがいいお年頃です。なんたって見えない!ピントがボケる!10.1インチのYOGA BOOKはモバイルPCとしてはいい線いってる10.1インチ。しかし、Windowsのフォントの線の細さは耐えられない。アプリを使ってフォントを大きく太くしているけど、やはり見にくいなあ。YOGA BOOKが悪いんじゃありません。私の目がお年頃なんです。

それに、やはり問題はキーボード。誤入力が多くなります。感覚で打てない。リターンを小指で押すリズムもとれません。これは問題だとあらためて思うのです。おもしろいガジェットだけど、文章を多量に打つライター向きではない、最初からわかっていたことですが、ちょっとストレスが溜まる。

iPad mini 3も7.9インチもこの頃辛いです。これで文章を打とうという気にもなれないんですよねえ。繰り返しますが、iPad miniが悪いんじゃないんです。

ということで、一番効率がいいのはMac miniやiMacのデカ画面で作業をすることですが、ちょっと外出時にノートパソコンが必要な気配なので、文章書きに耐えられるコスパのいいマシンはないかと考えているのです。

スポンサーリンク

iPadは文章書きに使えるか?

iPad 2018になってApple Pencilに対応しました。友人がiPad 2018とApple Pencil持っているので、少し触らせてもらった感じでは、Apple Pencil最高!という感じです。

ただし、これはあくまでも手書きメモや図形や線画やイラストで威力を発揮するものです。文章入力では外付けのキーボードは必須です。

それにiOSの制限のあるので、その部分も文章書きに耐えられるかどうか心配なところ。単純にテキストを打つだけであれば問題はないと思います。9.7インチあればどうにかできそうだし、なんだったら清水の舞台から飛び下りる覚悟で12.9インチを調達してもいいんです。

でも、ファイル管理やSDカード上のデータのやり取りがやや煩雑になることは確実です。これもストレスになりそうだなあ。

バッテリーのもちと、持ち歩くときの手軽さと故障の少なさを考えるとiPadなのですなあ。それになんといっても安い。あ、Apple製品の中ではですよ。128GBで5万ほどですからねえ。

でもちょっと踏ん切りがつかないなあ。

スポンサーリンク

macOSを使うならMacBook Airしかない

とにかくコスパ重視です。そうなるとmacOSのラップトップは3種類。MacBook AirかMacBookか、あとはMacBook Proかです。MacBook Proまでの性能は必要ないので、これは却下。12インチのMacBookは軽くていいんだけど、お値段が14万円前後。ちょっと考えるなあ。

MacBook Air 1600/13.3 MMGF2J/A

X205TAもあることはあるので、これにLinux入れて使ってもいいんだけど、macOSが使えない。

macOSが使えてコスパが高いマシン、そうなるとMacBook Airの13インチしかないんですよ。画面サイズはでかいほうがいいので13インチがあるMacBook Airの方がいいでしょう。解像度低いですが、このくらいのほうが見やすかったりするんです、悲しいことに。そして、11万円を切っているんで価格も手頃。気になるのは、今月にも発表されそうなiPad Proの新型に合わせてぶち込んでくるという噂があるMacBook Airの後継機。どんなマシンになるんでしょう。いやいや、そのまえにでるのかMacBook Airの新型。

という時期が微妙なこともあるので、これまた踏ん切りがつかないのですが、MacBook Airの後継機が出たとしても10万円をきることはあるのでしょうか。現行のMacBook Airの価格と同じであれば、そりゃ考えますが、非常に程度が良い新古品に近いMacBook Air 13インチが7万円台ででているので、ちょっとグラグラしておりますよ。

とりあえず、macOSを使って使いなれたMacのアプリを駆使するならMacBook Airしかいまのところ高コスパのマシンはないので、ほぼこれで行くかという気にはなっているのですが、出るのか新型MacBook Air。現行のMacBook Airを買って数日後に新しいMacBook Airが出ちゃって価格も一緒だったら立ち直れないような気がするので、ここはステイかとも思っているのです。

スポンサーリンク

やはりMacは使いやすい

とりあえず、Androidスマホを完全に使うのやめて、iPhone SEと予備機としてiPhone 5sをフルに使うようになってAppleのシステムの中に入り込んでいくお手軽さと便利さに酔いしれているので、ラップトップもMacBook Airにしようかという方向で固まってきつつあります。iPadがmacOSのように使えるのであればiPadを携行するのですが、現状ではちょっとむずかしいかなあ。あえて挑戦する時間がないので、ここはMacBook Air、という結論になりそうです。

キーボードがついたラップトップはやはり文章書きには必要ですね。

ということで、もうちょっとだけAppleからの新製品発表を待つとして、特に発表がなかったり、MacBook Airなんて出なかったりしたら、現行のMacBook Airを手に入れようかなと、思いながらiMacのキーボードを叩いております。久しぶりの更新でしたが、ええ、私は元気です。

MacBook Air 1600/13.3 MMGF2J/A
MacBook Air 1600/13.3 MMGF2J/A

posted with amazlet at 18.10.07
Apple Computer
売り上げランキング: 4,793
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする