さよなら「iPhone SE」 4インチ愛好家はどこに向かえばいい?

iPhone

本日9月13日新型iPhoneの発表がありました。今回はiPhone Xの正統進化版のXSとXSのディスプレイを6.5インチまでに引き上げたXS Max、そしてiPhone 8の実質的な後継機Phone XRも発表されました。実はこの発表の裏で消えたiPhone3モデルがあったのでした。

スポンサーリンク

4インチこそ正義!コンパクトなiPhoneを愛し続けてきたiPhone SE愛好家はどこに向かえばいいでしょう

今回の発表の裏で静かに姿を消したのが「iPhone 6s」と「iPhone SE」でした。「iPhone X」もラインナップから外れましたが、iPhone XはiPhone XSがあるので実質的に何の問題もありません。iPhone 6sはiPhone 7が残っているので、低価格なiPhoneを手に入れようと思ってる方はiPhone 7を選べばいいでしょう。

でもiPhone SEの代わりは現在のラインナップの中にはないんです!

スポンサーリンク

出なかったiPhoneSE2と今後の4インチiPhone

iPhone SEの後継機が出るぞ、出るぞ!と言われ続けて、結局今回の発表でもiPhoneSEの後継機の発表はなく、そればかりかiPhoneSE自体がラインナップから消えるという驚きの事態になったわけです。

これでAppleのiPhone戦略の中にiPhoneSEの後継機は存在しないということが明白になりました。

今回のiPhone SEがラインナップから落ちたことで、一体、次はどの機種にすれば良いのかということを、今後真剣に悩まざるをえなくなってしまいました。

スポンサーリンク

僕たちは小さいスマホ iPhoneSEの代わりに何を選べばいいんだろう?

今回のiPhoneの新型の発表を受けて、販売されるiPhoneのラインナップが変わりました。iPhone 7、iPhone 8、そしてiPhone
iPhone XS、iPhone XS Max、そしてiPhone XRです。今使っているiPhone SEがどうにかなった場合、次のiPhoneを何にするかそれはもう選択肢は2つしかありません。

iOSを捨ててAndroidに切り替える

Androidスマホも巨大化の一途をたどり、平均的なスクリーンサイズが5インチオーバーというファブレットサイズが平均になった巨大携帯電話ラッシュです。

それに合わせてiPhone の巨大化したわけなんですが、Androidのスマホの中には、かろうじて小さな端末がまだあります。ただ、性能のことを考えると小さければいいというわけではなく、ストレスなく使える端末でないと困るのです。

現状販売されている4インチ台のSIMフリーAndroidスマホは
g06+
AQUOS R compact

この2機種です。これはあんまりです。4インチのg06+はスペックが低いので、4.9インチのAQUOS R compactは6万円前後とやや高めです。この金額出すなら、iPhone 7を買ったほうがいいですよ、ほんとに。

他に選択肢はないのか?いやいやまってください。

Sony Xperia XZ1 Compact
があるではないですか。
Sony Xperia XZ1 Compactは4.7インチのコンパクトスマホ。性能も悪くなく、価格は6万円台とやや高めですが、docomo版ですから、そのままMVNO SIMがさせるじゃないですか。

Xperia XZ1 Compact SO-02K white silver docomo
Sony
売り上げランキング: 144,822

でも、6万円は高いですよね。そうなると海外版をAmazonで買っちゃうという手もあります。4万円ほどです。

ただSIMフリー版を海外から手に入れるときの注意は技適。この問題が絡んできます。Xperiaの4.7インチモデルを手に入れるのも、なかなか乗り越えなければならない壁が高く、この障壁をどうクリアするかが問題になります。

もう妥協するしかない4.7インチiPhoneで

そうすると、順当に考えると4インチから4.7インチにサイズアップすることに目をつぶり、iPhone 7かiPhone 8を手に入れるのが一番現実的な解決策ではないかと思うようになるのです。

iPhoneXSの発表を受けて、iPhone 7とiPhone 8のSIMフリー版Apple Storeの価格は下がりました。iPhone 7の32 GBが50,8000円(税別)で手に入るようになりました。iPhone 8は67,8000円(税別)になっています。

アンドロイドの世界では50,800円から67,8000円というと、ハイスペックモデルが買える価格になって、なんだかまぁいい値段だねという感じになるんですが、iPhoneで50,800円と聞くと、これはもしかして安いんじゃないですか、と感じてしまうのは、すっかりAppleの戦略にハマっている証拠です。実は55,000円程度にもうちょい足せば、iPad Pro 10.5 32 GBモデル整備済製品を手に入れることができるんですよ、皆さん。

iPad 2018モデルとApple Pencilを合わせて余裕で買えちゃう金額なので、Apple製品を使うならまあお金はかかっちゃうよというのはなんだか昔に帰ったような気がします。

とはいえ、iPhone SEの代わりとして考えるともうセンター選択の余地はなく、iPhoneSEなきあと、最小コンパクトな4.7インチであるiPhone 7とiPhone 8の中から選ぶというのが、4インチiPhone SE愛好家の苦渋の決断になりそうです。

SIMフリー Apple iPhone8 64GB シルバー MQ792J/A
Apple Computer
売り上げランキング: 9,324
スポンサーリンク

iPadとなんでもいいからスマホを使う

ハナレワザとしては、もういっそのこと10,000円から20,000円台の5インチ程度のアンドロイドスマホを買っちゃって、iOSアプリとiCloudはiPadで使い倒すという方向を、こうなったら考えてみてもいいかもしれません。もう4インチとは泣く泣くわかれをつげ、メールとLINEとSNS用に割り切って格安のSIMフリースマホを手に入れて、iPhone購入資金をiPadにつぎ込むのです。

個人的にはこの線が一番の妥協策かなと思っていて、大きな画面なら中途半端に6.1インチや6.5インチじゃなくて、もう9.7インチか10.5インチ、なんだったら12.9インチでもいいですよ、iPhone XS Max買うことを思えば、10月に発表されるだろうiPad Proは余裕で買えるでしょうから。

やや、ふてくされ気味ですが、幸いにも私のiPhone SEは全く不具合もなくバッテリーもバリバリもっているので、しばらく買い替えはしなくて済みそうだし、iOS12でもしっかりと動いてくれるでしょうから、ちょっと様子見のところがあります。

しかし、iPhone SEが使用に耐えなくなった場合、2周ほどの周回遅れでiPhone 7を手に入れるかiPhone 8にするのが、現実的な妥協点だと今のところ考えています。

少数派だと思いますが、iPhone SEが、手に持ったときの感触がしっくりくる、使いやすいと日々感じている4インチiPhone愛好家にとっては、今日の発表が心理的に打撃受けるものになってしまいまいした。今後われわれはどこに進めば良いのでしょう?