iOS 12はiOS 11が動くモデルにインストール可能で古めのiPhoneでも高速化される

Apple

本日のWWDC 2018はソフトウェア面での発表だけにとどまり本来のWWDCの趣旨に沿ったものとなりました。OS関連の発表が主なものです。その中でiOS 12の発表はなかなか興味深いものでした。まず、インストール可能なiPhone、iPadはiOS 11がインストール可能なモデルと同じということです。これは正直驚きました。もうiPhone 5sにはiOS 12はインストールできないんだろうなあと思っていただけに、まだiPhone 5sもいけるんだというなんというか安堵感があります。

スポンサーリンク

iOS 12は古めのモデルが再び輝くかもしれないOSだった

内容的にはいろいろと新しいものがあるのですが、ここはという点はiPhoneやiPadの旧機種と言われるモデルもパフォーマンスがよくなるということです。発表ではiPhone 6sを例にあげて説明をされていたようです。

iPhone 6s世代では、アプリ起動が最高40%高速化。キーボード表示は最高50%、カメラ起動は最高70%早くなるということですからね、メチャクチャ期待しますね。現状iPhone 5sでiOS 11を動かしていますが、変に引っかかることなく使えているので、iOS 12をインストールして11よりも高速に動くとなれば、これはいいではないですか。

iOSの良い点はこんな感じで比較的古い機種でも最新のOSが動くことです。今回のiOS 12の発表でもiPhone 5s以降のモデルにインストール可能ですから、iPhone 5sユーザーの皆さんはもう1年iPhone 5sで戦えますよ。iPhone SEであれば問題なくiOS 12が動くでしょうし、新機種でなくても大丈夫だということで、今使っているiPhoneに満足している方はOSだけ最新にして楽しむことができていいのです。

とりあえず、iOS 12をインストールできるモデルについてでした。iPadもiPad mini 2,iPad Airからインストール可能なので、iPad mini 3ももう1年大丈夫ということですね。

参照Apple、パフォーマンスを強化したiPhone/iPad用OS「iOS 12」を発表(MACお宝鑑定団 blog)

この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする