iPhoneの純正アプリ「メモ」の活用その1 [フォルダ管理]

App仕事効率化

iPhoneでメモをとるというときに使っていたのが「Simplenote」です。「Simplenote」はOSを気にすることなく使うことができるし、ブラウザからも使えるのでとても重宝しているメモアプリです。でも、このごろ私の環境のせいかもしれないのですが、Macで「Simplenote」のアプリからメモを入力していると文字変換時に文字化けが起こるようになりました。確定すればちゃんと候補の文字になって入力できるのですが、変換候補が文字化けしているのです。これは「Simplenote」だけで起こる現象なのでとりあえず「Simplenote」を使うときはブラウザから使うようにしていました。でも、MacとiPhoneが主に使う端末になってきたので、純正アプリの「メモ」を活用することにしました。iPhoneの「メモ」は使うことは使っているのですが、使いこなしているという域までは達していません。このようになんとなく使っているけど極めていないという純正アプリが私の場合は多いです。それではiPhoneの純正アプリ「メモ」をどう活用するか考えてみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの「メモ」はフォルダに分けて管理

iPhoneの「メモ」を便利に見やすく使うためにはファルダ管理が重要です。なにを今更という感じに思われると思うのですが、私は今までフォルダはデフォルトのメモフォルダ1つで使ってきました。メモをフル活用していなかったので本当にちょっとしたメモ代わりに使っていたのです。Macに渡したいテキストをメモに書いておけばすぐに同期されてMac側で使うことができるので、そういった意味ではテキストデータのやり取りのために「メモ」を使うというパターンでした。

でも、これだけでは雑多なメモが多くなる一方です。そのため適当な頃合いを見計らって書いたメモは削除していってたくさんメモが並ぶことがないようにしていたのです。このようにいらないメモは削除していけばいいのですが、残ったメモは分類することで活用の幅が広がります。ですからフォルダ分けをして、メモを分類するといいのです。

「メモ」のフォルダ分けはMacですると楽です

iPhoneで「メモ」フォルダ分けしてもいいのですが、Macでファオルダわけをしながら既存のメモを振り分けていくのが楽です。

Macの「メモ」はこんな感じになっているので、新規にフォルダを作ってそこに既存のメモを振り分けていきましょう。

※iPhoneで「メモ」のフォルダを作る方法と「メモ」を移動する方法はこちらです。

新しいフォルダを作成するには、以下の手順を実行してください。
メモのリストの中を表示している場合は、戻る矢印 をタップして「フォルダ」リストを表示します。
「フォルダ」リストで、「新規フォルダ」をタップします。
フォルダの追加先を選択します。
フォルダの名前を入力して「保存」をタップします。
メモを別のフォルダに移動するには、以下の手順を実行してください。
メモの中にいる場合は、戻る矢印 をタップして、メモリストを表示します。
メモのリストで「編集」をタップします。
移動したいメモをタップします。
「移動」をタップして、移動先のフォルダを選択します。

iPhoneでのメモはとりあえずメモフォルダで

iPhoneでメモをとるときにはフォルダは「メモ」にしておきます。思いついたこと、気になることなどとにかくメモすることだけ。ファルダに分けるのはMacですればいいですから。1日に1回は必ずMacを使うので、そのときに書き溜めたメモをフォルダに分けていけば手間がかかりません。iPhoneでメモをとるときに「このメモはどのフォルダかな?」と考えると面倒なので、とにかくiPhoneでメモをとるときのフォルダは「メモフォルダ」にしています。

スポンサーリンク

フォルダ管理をすることでiPhoneのメモを活用できる

雑然とメモが並んでいるとそれを活用するときに「あれ?これメモに書いたんだけどどれだったっけ?」と思ったときにフォルダで分類されていると見つけやすいです。もちろん検索を駆使すれば見つけられるのですが、このフォルダに入れたぞとわかっていればすぐ見つかるのです。

ということで純正アプリ「メモ」を活用する第一歩がフォルダ分けをうまく使うということでした。「メモ」についてはまだまだ便利な機能があるのでいったんここで区切ります。

コメント

  1. […] iPhoneの純正アプリ「メモ」の活用その1 [フォルダ管理]iPhoneの純正アプリ「… APPLE 国内版SIMフリー iPhone7 ゴールド Gold 32GB MNCG2J/A 4.7インチ 防水防塵 […]