Mac PCで使うGoogleドキュメントの「音声入力」が超絶便利なので文章をどんどん書くことができます

YOGA BOOK

iPhoneかiPadを使う利点として音声入力の優秀さがあるんですけど、実はもっと文章入力に適した音声入力ありました。これは知らなかったなあ。それはGoogleドキュメントを使う方法です。Googleドキュメントには音声入力を実行するメニューが存在していて、それを使うと一気に音声入力で文章を入力することができるようになるんです。実際にやってみました。語りかけるだけでどんどんどんどんと喋ったことが文章になっていく様子はちょっと感動ものです。iPhoneを使って音声入力でブログの下書きなどをしていましたが、Googleドキュメントを使った音声入力はまた別次元の快適さがあります。これは使えますよ。

スポンサーリンク

iPhoneの音声入力の利点と弱点

iPhoneとiPadの音声入力の利点は句読点が「まる」「てん」という音声で入力できるということです。そして改行も「かいぎょう」といえば改行をしてくれるというところです。これが非常に便利なのです。

弱点というか不満点は、iPhoneiPadで音声入力をしていると一定時間もしくは一定の文字数に達すると音声入力がストップしてしまうことです。その都度マイクアイコンをタップして音声入力のモードにし直さなければいけないのだ少し面倒と言えば面倒です。ここがiPhoneの音声入力を使っていて不満な部分です。

それでも「、」「。」を音声で入力できるのはiPhoneだけなんでスマートフォンの音声入力では一番だと思います。Androidの場合は「、」「。」はあとで打たないといけないのでスマホの場合は面倒です。

スポンサーリンク

Googleドキュメントと音声入力を組み合わせたときの利点

Googleドキュメントと音声入力の場合はどんどんどんどん途切れることなく喋り続けても文章に書き起こしてくれるのでめちゃくちゃ楽なんです。ここが利点です。Androidスマホで使う場合はiPhoneと同じように音声入力を使うときにマイクアイコンをタップする回数がそれなりにあります。でも、MacやPCで使う場合は一気に音声入力をすることが可能です。喋り続けることができるので、一気に言いたいこと、書きたいことをまとめて入力することができるのが利点です。

また、Googleドキュメント&音声入力の変換精度が高いのにも驚きました。文章の流れを汲み取りながら変換をしているようなので、意とした漢字に変換してくれるのにも感心しました。今までは音声入力はiPhoneが一番だと思っていたのですが、いやいやGoogleドキュメント&音声入力の方が使えるのではないかと今は思っています。

スポンサーリンク

Googleドキュメントの音声入力を使う方法

Googleドキュメントの音声入力を使う方法はMacPCの場合ブラウザがChromeでなければいけません。SafariであったりFirefoxであったり他のブラウザだと音声入力ができませんですからまずMacかPCにChromeストールしましょう。

Chromeをインストールしたらアプリメニューを開きます。ドキュメントというアプリがあるのでそれをクリックします。そして今まで作成しているドキュメント、または新しくドキュメントを作成します。

次にメニューのツールから音声入力を選びます。するとマイクのアイコンが左側に出てきます。そのマイクのアイコンをクリックすると音声入力がスタートします。そのままMacやPCに語りかければ喋った内容がどんどんとテキスト化されていきます。気持ちいいくらいの変換精度でほぼ正確に文章の意味を取って漢字変換してくれます。もちろん100%意図している変換になるかというとそうではないのですが、その精度は非常に高いと思います。

Mac miniは入力装置がないのでこのようになってしまいます。

YOGA BOOKで音声入力をする場合はこんな感じのマイクアイコンになります。

スポンサーリンク

Googleドキュメント音声入力を使う気をつけるべきこと

Googleドキュメント&音声入力を使ってテキスト化するのは非常に便利ですが、Androidスマホと同じように困ったことに句読点と改行を音声で入力することができません。句読点と改行についてはキーボードを使ってその都度入力をするということになります。Androidスマホと違って音声入力のモードのままキーボードを使うことができるので、句読点の入力と改行はやりやすいです。

また、たまに半角スペースが入ってしまうので、半角のスペースを検索置換によって削除しなければならないという作業が必要です。これは検索置換を使えば一発でできるので作業量的には微々たるものです。

一旦Googleドキュメント&音声入力を使って書き上げた文章は最初から一通り目を通すので、そのときに句読点の入力と改行を追加すればいいことです。ブログのエントリーもアップする前に文章を見直しますから、その作業をしていると考えればそんなに煩わしいことではないと思います。

スポンサーリンク

YOGA BOOKで使うGoogleドキュメント&音声入力

現在モバイルPCとして使っているYOGA BOOKはキーボードがフルフラットということもありタイプミスがよく起こります。音声入力を使うことによって句読点と改行以外でHaloキーボードに触ることなく入力ができるのがありがたいですね。

この文もYOGA BOOKのGoogleドキュメント&音声入力を使って下書きをしています。編集はMac miniでしているのですが、下書きの段階までをYOGA BOOKでしておけば細かな編集もその場で出来るので楽です。

困ることといったら、YOGA BOOKに話しかけないといけないので、YOGA BOOKに向かってずっと語りかけてるスタイルはカフェとか公共の人が多い場所では不向きということでしょうか。

しかし、自分しかいない環境であればGoogleドキュメント&音声入力は実用的であり十分文章入力に使えるということが分かったのは大きな収穫でした。

MacかPCのChromeでしかできない技ですが、今まで音声入力をしていなかった方は一度Googleドキュメント&音声入力を試してみてください。思った以上の優秀さに驚くと思います。ブログ等で長文を書いたりしているかたにも、この音声入力はオススメです。

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
アップル (2014-10-21)
売り上げランキング: 9,042
この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする