「mineo」データ通信大容量20GB,30GBコースが6月1日より追加される

mineo

ケイ・オプティコム「mineo」のSIMを現在3枚使っています。iPhone SEとiPhone 6sはAプラン、そしてg07はDプランです。私が使っているiPhone SEはAプランのシングルタイプ(データ通信のみ)1GBで864円。息子のiPhone 6sはデュアルタイプ(データ通信+090音声通話)3GBで1,630円。奥さんのg07にはDプランのシングルタイプ(データ通信のみ)3GBで972円。トータルで3,466円です。これにユニバーサルサービス料金とDプランにSMSのオプション分が加算されます。また複数枚の契約なので割引があるので加算分はこれでプラスマイナス0に近くなります。家族分でこの金額で済んでしまうのはすごいですよね。他に2台の音声端末を使っているのであと2,300円ほど通信費はかかっているし、IIJmioのSIMも1枚使っているのでモバイル系の通信費は全部で6,800円くらいです。

こんな金額で済んでいるのは外出時に高速データ通信分をあまり使わないということがあります。Wi-Fiを中心に使っているので、1GBや3GBでOKなのですが、モバイルルーター代わりに全ての通信分を1枚でまかなうとするとこんなプランでは済まなくなりますよね。今までmineoのプランの上限が10GBだったので、これじゃあ足りないなあと感じていた方もいるはずです。でも6月1日からmineoでも大容量のコースが追加されますよ。

今回追加されるのは20GBと30GBの2コース。料金は以下のとおりです。
(画像はmineoのサイトのものをお借りしました)

20GBのコースで税込4,298円、30GBのコースで税込6,372円です。データ通信のみのシングルタイプの料金です。IIJmioやOCN モバイル ONEとくらべても同じような料金になっています。IIJmioの20GBコースは既存のプランにプラスする形式なので3GBのデータ通信に20GBを足して合計23GBで税込4,320円です。OCN モバイル ONEの20GBのデータ通信用プランは税込4,482円です。メジャーなMVNOの会社のプランにこれでmineoも対抗できますね。

IIjmioもauで使えるSIMを提供していますが、au用のSIMを使うならmineoの方がいいと思います。そんなau系に強いmineo。docomo系のSIMも選択できて、なおかつ20GB、30GBの大容量が今日から選択できるようになりますます魅力的になってきました。
■関連リンク
「mineo」データ通信大容量コースの追加およびmineoショップでの初期設定サポート提供開始について(mineo)

この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする