「10.5インチiPad Pro」はすでに量産が開始されているという噂も出てきたのでWWDC 2017に期待

Apple

iPad miniは今後フェードアウトする可能性が高いかもということを以前書きました。iPadはPro系に注力するようになるだろうと予測できます。それが「10.5インチiPad Pro」ではないかと思います。「10.5インチiPad Pro」は現行のiPad 9.7インチのフットプリントでベゼルをギリギリまで狭くし、物理ボタンのホームボタンをなくすことで液晶サイズを10.5インチにするのではないかとの情報がありました。確かにボディサイズを大きくすると12.9インチのiPad Proに近づくので、液晶だけを大きくするというのは現実的です。その「10.5インチiPad Pro」はすでに量産体制に入っているという噂がでてきました。

量産に本当に入っているならば6月のWWDC 2017での発表も有りうるかもしれません。従来ハードの発表はWWDC 2017ではあまりないとされているので、期待する部分になりますが、このあたりでiPad Proのテコ入れをしておかないといけない時期なのかもしれません。それと合わせてiOS 11がiPadに特化した部分を多く盛り込んでくればiPadが再び注目されるかもしれません。
■関連リンク
Apple to ship 5-6 million 10.5-inch iPad Pro tablets in 2017, say Taiwan makers(DigiTimes)

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする