iPhoneで聴く「Amazon Music」の新着プレイリスト『テンションがあがる映画音楽』

Amazon Music

2月末にしてはあったかいなあという日があったり、めちゃくちゃ寒いぞという日があったりと体調がおかしくなりそうな毎日です。週末にかけてまた雨が降りそうで、ここ「晴れの国」岡山でも先週は曇り空が多く寒かったですねえ。寒い日は少し熱めのお風呂にのんびり浸かり体を温めて眠りにつきたいものです。お風呂といえばみなさんは音楽を聴きながらお風呂に入りますか?私は音楽かPodcastを流しながら入ることが多いですねえ。といっても、湯船の近くに防水型Bluetoothスピーカーなんてものは配備していないので、iPhoneを浴槽側のドアの近く、でもドアを開けたときに湯気が直接当たらない絶妙な位置に配置し、音量を湯船の中からでも聞こえるように調整して、音楽かPodcastを流しながらゆっくりとお風呂に入るのです。

iPhoneから流すのは音楽が多く、音楽の場合は「Amazon Music」のプレイリストを選択します。自分のプレイリストも作っているのですが、普段聞かないジャンルの音楽も聴いてみたいので「新着プライムプレイリスト」の中から適当に選んで流します。

使う端末はiPhone 5sです。小さいボディに似合わず大きな音が鳴ってくれるのでちょうどいいのです。g07はiPhoneに比べて音量が小さいので少し不向きです。iPhone 5sのバッテリーがピンチってときは代打でg07を使いますが、お風呂場音楽はiPhone 5sがベストです。

私はAmazonのプライム会員なので「Amazon Music」を思う存分楽しめます。今日のプレイリストは新着の『テンションがあがる映画音楽』です。懐かしの曲がかかったりテンポのいい曲がかかったりとなかなかいい選曲です。

Amazonのサービスはプライム会員であれば充実していますので「Amazon Music」「Prime Video」はよく利用します。「Amazon Music」は仕事の間、BGMとして流していることも多く、無くてはならないサービスです。「Prime Video」はちょっと映画がみたいなあと思ったときに、検索をして面白そうなものを観るという感じです。このごろやたらと昔の邦画がラインナップされています。私が子供だったときの映画などが多くあり懐かしいなあと思いながら検索をしています。

そうそう「Amazon Music」です。アーティストによっては検索してもオルゴール曲しかないこともあるのですが、聴きたいアーティストのアルバムは思ったよりもあるので結構良いです。

プレイリストであれば『2015-2016 洋楽ランキングTop 100』や『2015-2016 邦楽ランキングTop 100』はいいですよ。アルバムを探すよりも実は「Amazon Music」はプレイリストを検索して聴くというのが面白いと思います。グッとくるのあるんですよ。

私的には「Amazon Music」は聴き流すときにiPhoneやiPad miniのアプリを立ち上げるという感じです。気に入ったアルバムはiTunesで購入するかCDがほしければショップで購入してiTunesで聴きます。「Amazon Music」と「iTunes」はそれぞれの役割分担があるので使い分けをしています。

こう書くとAmazonどっぷりという感じがしますが、実際Amazonのサービズにはどっぷりです。今Amazonがなくなっちゃうととても困る状態です。プライム会員なので特に。「Amazon Music」を試したことがないという方はぜひ新着プレイリストを眺めてください。おっこんなのある!という発見がありますよ。『カフェで温まるボサノバ』とか『軽快に仕事したい人のジャズ』とか『休み明けの疲れを癒やす洋楽』とか。

デスクトップ版Amazon Music(Mac) [ダウンロード]
Amazon Digital Services, Inc (2015-08-26)
売り上げランキング: 2,278
デスクトップ版Amazon Music(Windows) [ダウンロード]
Amazon Digital Services, Inc (2015-08-26)
売り上げランキング: 1,364
この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする