iOS 10で更に強化された「3D Touch」文章入力時 便利機能のカーソル移動をiPhone 6,6s,7で使ってください

この記事は約4分で読めます。

iPhoneでブログを更新するにはなかなかしんどいことですよということを書きましたが、どうやらその認識を改めないといけないような気がします。iPhoneで文章を快適に入力するための機能を6sや7で体験することが出来るのです。残念ながらiPhone 5s , 6 , SEでは体験できません。それが「3D Touch」の便利機能なのです。今回周回遅れでau版のiPhone 6s 64GB ローズゴールドの白ロムを入手して便利に毎日使っております。安さにつられてiPhone 6 にしようかと思っていたのですが、6sを選んで正解でした。「3D Touch」が使えるんですもの。これがiPhoneを使う上で今や無くてはならない機能になるとは。

iPhoneで文章を入力するときにAndroidとくらべてここがイカンというのがカーソルの移動です。カーソルを移動するキーがなかったんですよ。でもこれはiPhone 6以降の4.7インチ、5.5インチiPhoneであればキーボードを横向きにした時に左右のカーソルキーが出るようになりました。Androidに追いついたのです。しかしiPhone 5sではこのカーソルキーはでません。iPhone 6以降の機能になるようです。

でも、ポチポチとカーソルを移動するのが大変だなあと思ったら、あなた、「3D Touch」を使えばその面倒さから解放されるではありませんか。これは便利です。iPadの2本指でカーソルが動かせるようになるくらい便利な機能です。

そして、範囲選択も「3D Touch」を使うとそれはもう簡単に出来るようになっていますよ。カーソル移動と範囲選択。今までiPhoneの文章入力時の弱点だと思われていたこの2つが一気に解消されています。iOS 9からの機能のようですが使わないと損です。知らなかった人は今すぐやってみましょう!あー早くiPhone 6s手に入れるべきだったなあ。この機能だけでもiPhone 6s, iPhone 7にする価値はあるかも。

スポンサーリンク

「3D Touch」で文章入力時にカーソルを移動する方法

文章を入力するためにキーボードを表示させます。キーボードの部分を「押し込み」ます。そうするとキーボードの文字部分が消えてしまいます。これでカーソルを移動するモードになりました。あとは押し込んでいた指をゆるめてもカーソルが自在に移動できるようになります。

img_0115

フリック入力でも、ローマ字入力でもどの入力スタイルでもキーボードが表示されていればこの機能が使えます。文字部分をタップしてカーソルを移動するよりも細かい調整が効くのでこれはオススメなのです。

スポンサーリンク

「3D Touch」で文章入力時に範囲選択をする方法

今度はテキスト部分の範囲選択です。これも「3D Touch」を使うことで簡単にできます。

カーソル移動と同じように1回キーボード部分を押し込んでカーソル移動モードにします。範囲選択をしたい冒頭の部分までカーソルを移動します。そのままもう一度プレスします。カーソル移動時に押し込んだまま移動した場合は、一度押し込んだ指を緩めて、もう一度プレスします。これで今度は範囲選択モードになっているはずです。あとは押し込んだ指を緩めても、指を移動するだけで範囲選択ができるはずです。範囲選択がすんだら、その部分をタップすると、コピーや切り取りの選択が出来るようになりますから、あとはお好きなように。

スポンサーリンク

「3D Touch」の感度を調節しよう

「3D Touch」の押し込み具合でカーソル移動モードが出現するのですが、標準設定では強く押し込まないとこのモードにならないかもしれません。私はそんなに強く押し込みたくなかったので、設定から感度を弱めています。その方法はこちら。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」→「3D Touchの感度」を弱にする

img_0117

これで軽く押し込んでもプレス出来るようになります。この部分もお好みで調節できますから、設定で確かめながら自分の好みに調整してください。

スポンサーリンク

「3D Touch」は使える機能満載

iPhone 6sを手にするまで「3D Touch」なんて別にいらないよ、と思っていたのですが、実際に使ってみないとわからないものですね。「3D Touch」は本当に便利な機能がたくさんあります。文章入力時には今回ご紹介した2つの機能になりますが、他にもいろいろと使える機能があるのです。最新の機能は使ってみてこそその良さがわかるのですね。iPhone単体での文章入力がより簡単にできそうです。音声入力+キーボード入力(「3D Touch」のカーソル移動と範囲選択機能)でブログの更新が今まで以上に簡単にできるかどうか試してみたいと思います。この機能を体験するためにはiPhone 6s,6s PlusとiPhone 7,7 Plusを手に入れるしかありません。iPhone 6sの64GB au版はついに5万円をきるものもでてきました。ちょっと悔しいくらい手に入れやすくなりました。iPhone 5sをそろそろ変えようかと思っている方は安くなっているiPhone 6sもいいと思いますよ。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする