映画「君の名は。」はすべての年代の方に観ていただきたい作品だと観終わったあと感じました

映画

8月は全然映画を観に行くことができなかったなあと思っていたので、ちょっと時間ができた今日の午後、奥さんと一緒に映画を観に行きました。自分自身は「シン・ゴジラ」も観たいなあ、「青空エール」もいいなあと思っていたのですが、奥さんが「君の名は。」が観たいと言っていたので、昨晩「君の名は。」の評判をザーッと読んでみると評価がとても高かったのでした。そんなこんなで私も「君の名は。」を一緒に観ることにしました。

劇場で見る久しぶりのアニメーション映画です。今日はまだ学校は夏休みなのでもしかしたら学生さんが多いかなあと思っていたのですが、そんなに多くもなく、とはいっても休みじゃない平日のようなことはなく、とても多くの人が入っていました。いつもは最後列真ん中で観るのですが、今日は予約をしていなかったので最後列の端の方での鑑賞となりました。

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

「君の名は。」はほとんど予備知識がない状態で観ました。予告編は観ましたが、一体どんな物語なのかを楽しみにしながら観始めました。

「君の名は。」予告

物語前半はちょっとゆっくりとした調子で進みます。奥さんの隣の1人で観に来たであろうおじさんは寝落ちしていました(笑)。たんたんと話が進む前半。でも私も奥さんも前半から楽しかったです。くすっと笑える場面も多く、冒頭のシーンもツボにハマる人も多いはずです。中盤から後半にかけては一気に話が進みます。中盤から集中してみていきましょう。話の流れが見えなくなりますから。

ここではストーリーについては触れません。ハンカチは必ず入ります。ラストまで観たあとは、友達や家族に「君の名は。」を観て欲しいと思うことでしょう。映像の美しさと、音楽が融合されていて、本当に綺麗なアニメーションでした。若い人であれば、こんな恋をしたくなるでしょう。我々のような年代になると、学生時代のことを思い出しつつ、お父さん、お母さん目線で「瀧」と「三葉」のことをドキドキして応援する気持ちになるでしょう。8月の最終週、観ておくべき映画として「君の名は。」をおしたいと思います。

小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-06-18)
売り上げランキング: 2
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする