iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

驚異的な価格とバッテリ駆動時間12時間の「ASUS VivoBook E200HA」は文章書き用モバイルPCとして最適だと思う

今使っているモバイルPCはASUS EeeBook X205TA です。DellのChromebook 11も使っていますが、持ち歩くのはX205TAです。このごろはiPad Airを持ち歩く代わりにX205TAを持ち歩くこともたまにあります。外出先で文章書きをしようかなと思うときはiPadを持ち歩かずにX205TAを持ち歩きます。結局使わないこともあるのですが、980gという軽さと、バッテリが体感で10時間はもつであろう安心感はX205TAならではなです。バッテリが切れるまで使ったことがないのですが、外出時にバッテリが50%位だとしてもまあ、2から3時間は余裕で動くだろうからACアダプターはいらないかというような感じでiPadのような感じで使うことができるモバイルPCです。

結局のところ、文章をがっちりと書こうと思うとキーボードがついているラップトップのほうが便利だし、なんだかんだいってもWindows 10が動きますから画像の処理であったり、ネットの情報を参照しながら文章を書くブログの更新作業なんかだと圧倒的にiPadより楽です。液晶が綺麗なのはこれは圧倒的にiPadなのでコンテンツを見るのはiPad Airの方がいいです。でもマルチタスクの作業をするにはX205TAの方が楽です。この頃は作業をできるだけ楽に、そして効率的にすまそうと思っているので、同じようなことはできるけれど、時間やたまがかかるのはやめるようにしています。以前だったら何が何でもiPadでブログ更新をするぞ!と頑張っていたでしょうが、画像を加工してのっけて、リンクをはりこんでとかしようと思うと実はiPadはちょっと手間がかかります。やはりちょっとでも複雑なことをしようと思うとMacBookかWindowsのラップトップがいいのです。

前置きが長くなりました。

X205TAを使っていてここがちょっとという点はChromeを使っていて少しもたつくことが多くなったということです。これはCPUも非力な上、メモリは2GBですからね、仕方がない部分です。もうちょい高速なCPUであったならばより快適に使えるのですが。おまけにWindows 8 のモデルをアップデートして10で使っていますから、若干微調整が必要でした。

エイスース 11.6型ノートパソコン ASUS VivoBook E200HA ゴールド(KINGSOFT Office 2013 Standard) E200HA-GOLD

今、X205TAを買うならば、もう1つのX205TAとそっくりな「ASUS VivoBook E200HA」がおすすめです。これはX205TAの後継機ではないかと思うくらいにX205TAそっくりです。X205TAとの大きな違いは
Intel Atom Z3735F 1.33GHzクアッドコア

Intel Atom x5-Z8300 1.44GHzクアッドコアになったことです。これでx205TAよりはキビキビと動いてくれるでしょう。ストレージは相変わらず32GBなのでMicroSDは必須です。でもブログの更新用ならばなんとかなります。もしくは文章書きメーン+ネット散策用+YouTube等の動画観賞用と考えても十分な働きをしてくれると思います。

X205TAとその他変わった箇所は2個あるUSB端子の1つがUSB3.0に対応しました。地味に便利になるのかも。

外観やキーボードに変化なし。背面のポッチ2箇所もあります。バッテリの駆動時間はちょっとだけ短くなって12時間。まあ、十分です。重さも変わらず。X205TAから買い換えるほどの変更点ではないですが、今低価格でバッテリが10時間以上使えてWindowsのアプリが動く軽いモバイルPCを探しているならば、「ASUS VivoBook E200HA」はいいと思いますよ。MacBookと比較するのは価格が違い過ぎますからMacBookがいいのは当然なのですが、文房具感覚で文章を書くための道具として考えればもしかするとタブレットを購入するよりも使えるのではないかと思います。7月8日時点でAmazonの価格は31,499円です。

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする