2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

au Xperia Z4 SOV31 Android 6.0へのアップデート対応とSIMロック解除でコスパが高いMVNO SIM用端末に

Xperiaは初代が発売された時から気になるスマートフォンでした。欲しいなあと思いつつ月日が流れ、やっと手にしたXperiaはXperia Z Ultra SOL24でした。Xperia Z Ultraは非常に良い機種でしたが、Android 5.0のアップデートも見送られたので手放したのです。5.1で使えるならそのまま使い続けてもいいくらいのいいファブレットでした。

Xperiaをねらう

さて、そんな感じでXperiaは常に気になるスマートフォンです。ただ、iPhoneと同じように最新モデルは非常に高いので、パーンと一括で払って手に入れるぜ!というわけにはなかなかいかないのが実情です。でもですね、これまたiPhoneと同じように最新のものではなく1世代か2世代前のXperiaを狙うのもありだと思うのです。

◆SOV31  Xperia Z4 ホワイト・白色・WHITE au エクスペリア Z4◆

auのXperiaをロックオン

今はSIMロック解除が出来る端末も増えてきました。特にauのスマートフォンをSIMロック解除してdocomo系のMVNO SIMで使うことができることもあり、俄然auの白ロムに注目なのです。もちろんそのままmineoなどのau系のSIMを使ったほうが対応周波帯のことを考えるとベストだとは思うのですが、それでも白ロムとして考えるとauのXperiaは検討する価値があります。

注目のXperiaは?

その中でも今渡しが注目しているのが「Xperia Z4 SOV31 」です。発売当初、Z4は発熱がひどいということで、なんなんだこれはという端末でしたが、その後アップデートをあて発熱を抑える方法などを講じることで普通に使えるスマートフォンに変身しているのですよ。ただ、docomo Xperia Z4 SO-03Gは新品白ロムで5万円をこえるのでオススメではありません。その点、auの「Xperia Z4 SOV31 」はなんとAmazonでも33,300円(送料込み)で手に入ります。

ただ、SIMロック解除をauの店舗でしないといけないので解除料で3,240円がかかります。そうするとトータル36,540円になりますが、これでSIMロック解除したXperiaが手に入るならいいのではないかと思うのです。

Xperia Z4 SOV31をmineで使う

SIMロック解除した「Xperia Z4 SOV31 」をIIJmioなどのdocomo系MVNO SIMで使うのも有りですが、そのままmineやUQ mobileで使ってもいいのではないかと個人的には思っています。「Xperia Z4 SOV31 」をmineoやUQ mobileで使う時も VoLTE対応機なのでSIMロック解除が必要なのです。SIMは VoLTE対応のものが必要です。そのままau系のMVNO VoLTE対応SIMで使う利点はテザリングが違和感なく使えることです。SIMロック解除すればIIJmioなどのdocomo系MVNO SIMを使ってもテザリングは出来るようです。でも「オプション加入が必要」というアラートが出ます。そのまま無視していけばテザリング自体はできるのですが、mineoやUQ mobileの場合はそんなこともなく普通にテザリングができます。

また、mineやUQ mobileの場合はSMSの使用についてはオプション料金が必要ありません。これって意外と大きなアピールポイントだと思っています。100円ちょっとのオプション料金ではありますが、無料なのはうれしいものです。

通話についても VoLTE対応しているので対応機種感では高品質の通話が可能というもの利点です。個人的には通話はしないので、HTC desire 626もデータ通信用のSIMだし、もしかりにXperia Z4を入手してもデータ通信用のSIMで使うことになると思うので、音声通話の恩恵はないかもしれません。しかし、通話重視の方はそのあたりもメリットになるのではないでしょうか。

ミドルレンジSIMフリースマホと同価格のZ4はコスパ高し

発熱問題という悪評もあってか、auのXperia Z4 SOV31はSIMフリースマートフォンのミドルレンジクラスと同じ価格で購入できるハイクラスの端末です。発熱問題を自力で押さえ込める方にとってはいい機種ではないかと個人的には思っているのです。6月14日からXperia Z4 SOV31にもAndroid 6.0のアップデートが始まりましたから、6.0のXperia Z4を使うことができるようになります。防水防塵とストレージが32GB、RAMは3GBと余裕があり、画面サイズは約5.2インチ 1,920×1,080(FHD)ですから十分使えますよ。

私も、現状HTC desire 626の6.0へのアップデートがなんとも心もとない状態なので、Xperia Z4 SOV31にチェンジというものありかもしれませんね。それだけXperia Z4 SOV31の取り巻く環境は良くなってきています。『今だからこそ使うXperia Z4 SOV31』格安スマホを買おうかなと考えているなら検討する価値はあると思います。

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする