Apple WWDC16 で何が発表されるのか ハードの噂を再確認しよう

今夜(6月14日午前2時ごろ)開催される「Worldwide Developers Conference (WWDC16)」で一体何が発表されるのでしょう。気になる部分は多いのですが、このWWDC16は基本的に開発者会議なので、ソフトウェア関連の発表が主なものです。ハードの発表はないものと考えたほうがいいでしょうから以下のものについては発表がなさそうだという意見が真実かもと思います。

■噂されているハード
MacBook Pro -有機ELのタッチバー搭載-
MacBook Air 13インチ
MacBook Air 15インチ

MacBook Proについてはタッチバー搭載ということが噂されているので、サイレントアップデートでさらっと出すわけにはいきませんから、どこかしらのタイミングで発表をするのでしょうから、もしかしたら今夜のWWDC16で発表がでるかもしれませんね。可能性が高いとしたらOS Xの発表の中でMacBook Proの話が出るということでしょうか。

MacBook Airもそろそろデザインも含めてチェンジする時期に来ているのかもしれませんね。デザインは変わらずにずーと販売されてきましたから、MacBook 12インチに近いデザインでベゼル幅を少し狭くして、重量を若干軽くし、なおかつ現状のバッテリー駆動時間を維持してくれたらいいですね。キーボードのストロークは賛否両論あるので、個人的には現行のMacBook Airのキータッチそのままがいいなあ。カラーを増やすということは十分考えられます。

MacBook Air 11インチが最安値の時は128GBのモデルが8万円台で購入できたので(私もMacBook Air 11インチを8万円台で買いましたから)それに相当するエントリーに位置する10万円くらいのMacBookがあればいいなあと思います。いまその位置にあるのがMacBook Air 11インチなので、それがなくなると現在133,000円が最安値になっているMacBook 12インチがエントリーモデルになってしまいますね。

APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A

WWDC16は開発者会議なので、よほど大きな変更がMacBookにないと発表はないと思いますが、おーこれはすごい!というMacBookが今夜発表されれば面白いですね。

ソフトウェア系ではOS XがmacOSになるという部分ですが、単なる名称変更だけで済ますわけはないので、SeriをOS Xで使うことができるようになるとか、認証系の機能であったりとかもあるでしょうが、安定したOSを提供してくれたらと思います。

ハードはそろそろ成熟期になっているので、そんなに目新しいものを出すのが難しいですが、今後はソフトウェアの部分とサービスの部分の進化になると思いますから、今夜のWWDC16はユーザーにとってより使いやすくなるソフトウェアの発表であればいいなあと思います。

勢い的には追いかける方から追いかけられる方にAppleはここ数年立ち位置がかわってきましたから、大きな変革をすることが難しくなっているのかもわかりませんが、変革がないとAppleらしくないので、「なんだかワクワクするね」というAppleで居続けて欲しいと思います。現状、追いかける側にまわっているマイクロソフトの方が勢いが感じられるし、Googleも面白いことをしかけてきています。Appleにも「おっ!」という部分が今夜出てくれたらなあと願う次第です。
■関連リンク
WWDC16では何が発表されるのか、事前情報総まとめ(マイナビニュース)

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする