iPad mini 3 をiOS 9.3にアップデートしてブルーライト軽減する「Night Shift」を試してみた

この記事は約3分で読めます。

iPadやiPhoneは輝度を下げると随分と暗くできるので、布団の中でiPad mini 3 を使うときにも最低輝度にしておけばそんなに目に負担がかかるように感じないのですが、朝起きると若干目の奥がずーんときている日もあって、「ああ、そういえば寝る前にちょっとiPad miniを見過ぎたなあ」と思い当たるのでした。この辺りは個人差があるので、特に目に負担がかかっているような気がしないという人もいるし、僕のように寝る前にディスプレイを見ると、翌朝目に調子が良くないという人もいると思います。

そんなブルーライト問題にOSレベルで対応してくれました。iOS 9.3に搭載された「Night Shift」です。iPad mini 3 をiOS 9.3にアップデートしたので早速試してみました。

IMG_0067

「Night Shift」についてはAppleのサイトにはこう記されています。

夜間に明るいブルーライトにさらされると、24時間周期の体のリズムに影響が生じて寝つきが悪くなることがあると多くの研究が示しています。Night ShiftはiOSデバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にディスプレイのカラーを暖色系の色域に切り替えます1。そして朝になると通常の設定に戻します。心地よい眠りのために。

「Night Shift」は設定からオンにするかコントロールセンターからオンにします。

設定からオンにする方法です。

設定の「画面表示と明るさ」をタップします。「Night Shift」のオフをタップします。

IMG_0069

「Night Shift」を時間指定でオンにすることもできるし、手動でオンにすることもできます。色の調整はデフォルトは中間になっていて、それでもかなり暖色が強いので自分の好みで調整します。時間指定をする場合は開始時刻と終了時刻を設定しオンにすればOKです。ナイトモードと同じように設定した時刻になれば「Night Shift」モードになります。暖色感がかなり強くなるので、薄暗い部屋で使う場合はかなり有効ではないかと思います。調整して少しだけ暖色にしていつも使うということもできるので、自分の好みに合わせて使えるというのはOKですね。

コントロールセンターからiPhone、iPadは「Night Shift」のオンオフもできるので状況に応じて「Night Shift」を使うこともできます。

IMG_0070

IMG_0071

Androidの場合はアプリで調整をすることができるので、自分の好みのアプリを入れて使えばいいのですが、iPhone、iPadの場合はアプリでというのが難しいのでOSの機能として「Night Shift」が搭載されたということはありがたいことです。ブルーライトのことは日頃から気をつけておいたほうがいいと思いますので積極的に「Night Shift」を利用しようと思います。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする
タイトルとURLをコピーしました