本当にでたぞ 4インチiPhone SEを手に入れて幸せになるのはどんな場合?

Apple

噂通り4インチのiPhone SEが発表されました。単純にiPhone 5s のリプレースかとおもいきや相当にブラッシュアップされたモデルとなりました。価格も随分と抑えられています。iPhone SEはSIMフリーモデルの16GBで57,024円、64GBモデルで69,984円です。SIMフリーのiPhone 6sの16MBが93,744円、64GBのモデルで106,704円なのでiPhone単体で比べてみると買いやすい価格になりました。

iPhone SEはどのような人が手にすると幸せになれるiPhoneなのでしょう。

まず、価格面から考えると、SIMフリーモデルを購入してMVNO SIMを使うというのが一番いいと思います。16GBでは心もとないので64GBを購入します。SIMは自分の使用状況に応じたプランを用意しましょう。2年間で考えると本体代金+高速通信3GB音声通話プランで11万円くらいにおさめることができます。キャリアで契約して月6,000円かかるとすると2年間で144,000円ですから3万円ちょいの差額が生まれます。iPhone SEは懐に優しいiPhoneになるのです。iPhoneを使い続けたいけど、10万をこえるSIMフリーiPhoneにはもう付き合えないよと考えていた方にとってはiPhone SEは最適のiPhoneになるでしょう。

小さなiPhoneを待ち望んで人は買いでしょう。4インチの液晶サイズで良いから軽くて小さなiPhoneがいいという方にとってはiPhone SEがベストです。113gですからね。幅も狭いのでiPhone 5sと同じように片手で操作ができます。画面の端に指が届かないiPhoneはダメだと思っていて、iPhone 5sを使い続けた人はiPhone SEにチェンジすると幸せになれるでしょう。

iPhoneSE_R

小さくパワフルで手に入れやすい価格帯のiPhoneがiPhone SEです。デザインもDラインがなくiPhone 5s を継承しています。iPhone 5 5s のデザインはいいですからねえ。スペックがiPhone 6s と同等なので今後のアップデートでも安心して使えるiPhoneです。

じゃあ、僕は手に入れるのか?というと残念ながら4インチでは年代的に画面サイズが小さいですからね。もう4インチはきついです。近くが見づらくない状態であったならばこれはついつい買っていたでしょうね。魅力があると思いますiPhone SE。ただ、価格設定がiPad Proに比べて高めなので、16GBのモデルが49,800円あたりだとより良かったのですが。でも性能を考えると妥当かなと思いますしね。3万円台のAndroidスマートフォンとは明らかに質感や使い勝手は違うでしょうから。

iPhone 6,6 Plusも併売されるようですが、そのうち6s系とSEの2ラインにはなるのでしょうね。今回は噂通りのiPhone SEでした。4インチ、4.7インチ、5.5インチとこれで好みに応じてiPhoneを選べるようになりました。まだ少々価格が高めですが、コストパフォーマンスは高いと思うiPhone SEは、iPhoneの価格の上昇にもうついていけないとiPhoneからAndroidスマートフォンやWindows 10 Mobileをチョイスした僕のようなAppleユーザーでも「お、これなら1台あってもいいかも」と思わせるiPhoneであることは間違いなさそうです。

Apple iPhone 6 16GB ゴールド 【docomo 白ロム】MG492J
アップル
売り上げランキング: 2,471
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする