ワイヤレスゲート「WIRELESS GATE SIM Fon プレミアム」は月額1680円(税込)でLTE 速度最大3Mbps の使い放題プランはコスパが高い

MVNO SIM

格安SIMと言われるMVNO SIMを使っている理由の1番目は月額の料金の安さがあると思います。それともう一つがキャリアに縛られるのが嫌だという気持ち的な部分も大きいでしょう。そういう僕も安さが魅力であり、かつキャリアの縛りが面倒だということもあってmineo,OCNモバイルONE,IIJmioの3社を使っています。3枚のSIMを合わせても3000円くらいなので、iPhoneを1台キャリアで使う分の半分のコストで済んでいます。もちろんデメリットもあるのですが、その部分を織り込み済みで使うのであればMVNO SIMはおすすめです。

そのMVNO SIMで使い放題といえばぷららモバイルです。他にはb-mobileとU-mobileなども使い放題プランを提供していますが、LTEで速度最大3Mbps、使い放題で日付をきっての速度制限がない「WIRELESS GATE SIM Fon PREMIUM」1680円は衝撃です。

ワイヤレスゲートSIMカードの考え方はモバイルデータ通信が主ではなく、1,900万か所の公衆無線LANスポットを使い、それを補完する形でモバイルデータ通信で埋めていくというものではないかと思います。今回の「WIRELESS GATE SIM Fon PREMIUM」もこの形式です。

ワイヤレスゲート

WIRELESS GATE SIM FonPREMIUM Wi-Fi ヨドバシカメラオリジナル 音声通話対応 SIM申込パック
こちらの商品は、全国で使えるdocomoのXi/FOMAネットワークを利用できる音声通話対応SIMカードです。 さらに、専用アプリから世界およそ1,900万か所の公衆無線LANスポットも使い放題。公衆無線LANスポットの有効活用でデータ通信容量の節約も可能です。

SMS機能がついて1880円(税込)です。音声通話対応で2980円。全プラン解約違約金なしもポイントですね。使い放題を選択する場合としては「とにかくネットにいつもつながる環境を構築し、そこそこの速度でつながってほしい」とか「外出時にテザリングを多用する」とか「ある程度低速でもいいので自宅のネット回線の代用として使う」などではないかと思います。自宅のネット回線の代用は回線によっては同じような価格で固定回線をひけるものもあるので、自宅も外出時もモバイルデータ通信でまかなうというのであればワイヤレスゲートのSIMも良い選択だと思います。つねにネットにつながっていたいという場合はワイヤレスゲートのSIMの「Wi-Fi+ LTE 480円プラン」を選択してもいいですね。SMS機能をつけても630円(税込)ですからね。ただし、速度は250kbpsです。用途に合えば月額1680円(税込)でLTE 速度最大3Mbps はコストパフォーマンスが高いと思いますので使い放題でMVNO SIMを使いたい方は要チェックです。
■関連リンク
月額税込1680円で3Mbps LTEが使い放題。ワイヤレスゲートが新プラン4種を発表、本日よりヨドバシで販売開始(訂正あり)(engadget)

mineo エントリーパッケージ SIMカード (VoLTE) 音声通話 ナノ/マイクロ/標準SIM
ケイ・オプティコム (2015-03-27)
売り上げランキング: 7
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする