iPad Airで使うテキストエディタにNebulous Notesを復帰させる

iPad Airで使うテキストエディタはiライターズを使っています。その前はNebulous Notesを常用していたのですが、外付けのキーボードで使うと変換候補の位置と入力している部分が隠れてしまうという状態が続いていたので、常用するアプリからは外していました。Dropboxと連携して文章をどんどんと書けるテキストエディタだったので非常に気に入っていたのですがどうしてもこの部分が引っかかりました。よってiPad Airのアプリ群の中からそっと消えてもらいました。

iライターズとSimplenoteでなんとかなる環境が整ったためNebulous notesを使わずにいました。そして昨日、突発的に「そうだNebulous Notesを使おう!」と思い久々にNebulous Notesを再ダウンロードをしてみると、あらあらiOS 9でのバグが修正されたようなのです。そして今試しているところです。

NebulousNote0115

Nebulous NotesのいいところはDropboxとの連携がスムーズだということです。ファイルの保存は右上のDoneをタップすれば完了。書いている文章ファイルを閉じれば保存をしてくれることもあってそもそもあまりセーブしなきゃということを意識しなくても済むのがありがたい。オートシンクに加えEvernoteにバックアップすることもできるので二重に安心です。

今、iOS 9のiPad Airで使っていますが、問題なく使うことができています。Dropbox上のテキストを扱う目的であればNebulous Noteが一番だと思っているので、普通に使えてありがたい。

Nebulous Noteはソフトウェアキーボード上にショートカットを配置することができるので、カーソルの移動や日付の挿入などテキストを打ち込む時には便利だなあという機能を追加できるところがいいですねえ。しかし、ショートカットをソフトウェアキーボード上部に置くと画面の半分以上がキーボードで占有されてしまうので、今はショートカットを表示させないようにしています。まあ、iOS 9なってソフトウェアキーボードの使い勝手が格段に良くなってやっと普通に文章が打てるようになったので、ショートカットを表示させなくても大丈夫ということなのですが。いつも入力時は横画面でテキストエディタを使っているので、キーボードが半分以上だとさすがに狭く感じてしまいます。

結論を言いますとDropboxにデータを保存していて、そのデータを使ってテキスト編集をしたいときにはこのNebulous Noteが役立つと思います。何年も前からiPhoneやiPad に入れているNebulous Note、まだ試していない方はお試しください。えーっと有料です。
Nebulous Note

気になるものを探そう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

目次
閉じる