iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

ブログの更新マシンとしてiPad Airを使うための流れができた

ブログの記事を書くときにはMac miniかX205TAを使うことが多かったのですが、昨年度末くらいからiPad Airでブログの更新をするようにしていたら下書きから更新までの流れがスムーズになり、なおかつソフトウェアキーボードの入力スピードも上がってきて以前より快適に更新作業が出来るようになってきたのです。

それまではiPad Airで更新をすると、もう疲れたよ状態になって、もう嫌、X205TAでする!っとなっていたのですが、普通に文章を書いて画像を加工してアップして更新という作業であれば十分iPad AirでOKという状態まで持ってくることができました。これはソフトウェアキーボード上からカーソルを移動することが出来るようになったことと、ソフトウェアキーボードを速く打てるようになってきたのが大きいです。ソフトウェアキーボードで使う指は中指と人先指です。たまに薬指を使います。親指は使いませんねえ。変換のためのスペースキーを叩く必要がないからです。2本指の変則打ちで割と速く打てるようになってきたら誤入力も減り、打ち間違いを直す回数も激減しました。ひたすら慣れるまで打ちまくることですね。

すると、外付けキーボードをつながないとと思わなくなり、ちょっとした文章書きから少し長めの文章もiPad Airでいけるようになり、今まで以上にiPad Airで文章を書いています。毎日の日記もiPad Airで毎晩書いているし、メモ書きもiPad Airでということも多くなってきました。

IMG_2215

ちょっと前までは、やっぱりiPadはコンテンツを消費するマシンだよなあと考えていたのですが、今ではポメラで文章を打っていた頃のようにソフトウェアキーボードで文章を打っていたりします。

ただ、iPad Airで文章を打つときには液晶面を叩くので長時間打っていると指に腹がちょと痛くなったりするのですが、その状態になれば音声入力に切り替えます。iOSの音声入力は最強だと思っているので、疲れると音声入力です。だだだーっと喋って入力して、そのあとで校正していきます。これも楽チンです。

WordPressは管理画面から更新作業をすると、画像をクラウドサービスから直接引っ張ってくることができるようになったのでiPad Airでの更新作業が楽になってきました。iPad Airでトリミングしてサイズ変換をした画像ファイルをDropbox上にアップして、Dropboxでそのファイルの名前をリネームし、WordPressの管理画面からアップロードするという流れです。この流れで更新ができるようになったのでiPad Airでも快適にブログの記事をアップできるのです。iPad Airを文章入力マシンとして使えるようになってきたことで活躍の幅が広がるような気がします。

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする