OS X El CapitanでSplit View (Safari+Simplenote)を使ってブログの下書きをするのが何気に便利

Apple

MacBook Air 11インチの狭い画面でSplit Viewを使うのはどうだろうと思っていましたが、実際にやっていると11インチや13インチのMacBook Airでこの機能が案外使えるということがわかりました。それではMac miniではどうかなと思ってやってみると、Mac miniの方がより便利ですねえ。やはり画面が広い分(23インチを今使っています)見にくさもなく使うことができるのですねえ。

Mac miniでSplit Viewを使って、左にSafari、右にSimplenoteを配置。これでブログの下書きを書いていきます。

splitview

ブログの下書きで参照するサイトをSafariで表示させておきます。ただし、そのままでは画面半分ですから見づらいですね。そこでSafariのリーダー表示を使って表示領域いっぱいの表示に切り替えておいて、半分の画面でも見やすくしておきます。これならば文字も大きくなるので十分見ることができるのです。

右に配置したSimplenoteでどんどんと打っていきます。ブログの下書きにはSimplenoteを使っているので右に配置しましたが、ここには好みのテキストエディタを持ってくればいいですね。MacでSplit Viewはいらないんじゃないかと思っていましたが、実際に使ってみると、ブログの下書きにはバッチリです。他には書類を作る時などに資料のページを横の画面に置いてメイン画面で編集するのもいいでしょうねえ。2画面だけを表示させておけば余分なページに目がいかないのでこれは作業効率が上がるような気がします。El Capitanにアップデートした方は試してみてください。Split Viewのやり方は、フルスクリーンモードではない通常の形で2つのアプリを開いておき、1つ目のアプリの左上のグリーンアイコンをクリックしたままにしておくとウインドウの右か左へ移すことができるようになります。そのあともう一方におきたいアプリを選べばOKです。

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
アップル (2014-10-21)
売り上げランキング: 16,063
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする