OS X El Capitan のライブ変換を早く試したいけどダウンロードにあと4時間かかる回線をなんとかしたい今日この頃です

Apple

10月になりました。Nexus 5Xや6Pの発表に心踊り、発表された国内の価格を見て一気に盛り下がり、そのうえdocomoがNexus 5Xを発売すると発表するも一括価格が9万円とくれば、9万円だすなら2万円台のAndroidスマホとiPad mini 4のセルラー版買うなあと、docomoのNexus 5Xは却下!なんだかいいのか悪いのかわからない状況に困惑気味の10月です。

さて、気をとりなおしてMac miniのOSをいよいよOS X El Capitanにアップデートしようと今ダウンロードをしているところであります。しかし、家の回線が遅いので6GBをダウンローどするのに4時間かかると表示されていて、しかたがないのでライブ変換を試せないままこの文章を書いていたりするのです。スマホ云々より回線をなんとかする方が先ですねえ。

今回、OS X El Capitanに期待したいるのはライブ変換と新しいメモアプリ。メモはあまり活用していないので、これを機会にiPad Airと同期させながら使いたいなと思っています。

ライブ変換機能はすごく期待していています。文章を打っている途中で文字を自動で変換してくれるというのはどんな感覚なんだろうと思うのです。この機能がしっくりくればもうMac以外で文章を打ちたくなくなる可能性も出てくるので怖いような気がするのですが、より快適に文章を打てるようになれば、ますますMac miniの前に座ることが多くなるなあ。

31Z49fSbQ2L

iPad Airをメインのモバイルマシンにしているので、Mac miniの前に座っていない時にはB5のノートを小脇に挟む感覚でiPad Airを持ち運んでいます。しかし、広いディスプレイに複数のウインドウを広げて作業するのが効率がいいので、だいたいMac miniの前で作業をしていることがおおいのですねえ。なんだかんだいってもMacが使い易いですから。ただし、MacBook Airは11インチだと今はもう液晶が狭いこととシステムで表示されるフォントが小さいので使いにくく感じています。老眼には勝てない。それもあって完全にiPad Airに役割がチェンジしています。iPad Airだと画面は小さいけどフォント自体を大きく設定できるのでMacBook Air 11よりは見易いのです。できることはMacBook Airですけど、サブならiPad Airでなんとかいけるのです。

ガー、まだあとダウンロードが5GBも残っている。夕方にならないと試せないパターンになりそうです。ライブ変換機能を使ってガシガシと文章を打ちたいのですが、これはまた後ほどということですね。そうそう今使っているMac miniはいたって快調です。特に不具合もないし、固まることも皆無です。スピーカーの音量も前使っていたMac mini よりも大きいし、1TBのハードディスクはまだまだ空きが存分にあります。Mac miniも2年に1回くらいアップデートしてくれれば買い続けるMacになりそうなので、そこは期待してという部分です。Mac mini+OS X El Capitanを早く試したいなあ。

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
アップル (2014-10-21)
売り上げランキング: 5,638