iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

iOS 9のQuick Typeを使ってiPad Airでコピー ペーストする場合の挙動について

iOS 9にアップデートして、一番良かったのがソフトウエアとハードウエアキーボードの改善です。ハードウエアキーボードはショートカットが便利になりました。よりMacで使うような感じでiPadを使うことが出来るようになったのはべんりなことです。ソフトウエアキーボードはやはりQuick Typeが便利です。カーソルの移動が二本指タップでできるのは便利です。

しかし、一つなかなかややこしいのが選択後のコピー、ペーストの方法でついてです。ネット上に出ている情報では選択後にカット、コピーのアイコンがキーボード左上に出ているのですが、これが出ないんですよねえ。これでてくれたらメッチャ便利なんですが。

ということでいろいろと調べてみると、何となく挙動がわかってきました。自分のiPad Airだけなのかもしれませんがこんな感じでカットとコピーのアイコンが出現します。

まず、普通に二本指でタップしたままにするとカーソルを移動することが出来るようになります。そのあと少しタップしたままにしておくと今度は選択が出来るようになります。この段階でテキストを選択してもカットとコピーのアイコンは左上には出てこないので、選択しているテキスト部分を軽くタップするとズラズラとカットやコピーのサブメニューが出てきます。ここからコピーやカットをタップすればいいのですが、アイコンが左上に出てくれれば指の移動距離が少なくていいのです。

image

実はQuick Typeの選択の方法が他にもあって、これを使えば左上にカットとコピーのアイコンが出てきました。

image

カーソルを単語に合わせてからキーボードを2本指でタップすると単語の範囲選択になるのですが、この時にダブルタップすると文章の範囲選択になるんです。さらにトリプルタップすることで段落全体を選択することが出来るんです。この時にキーボードの左上にカットとコピーのアイコンが出てくるんです。

しかし、文章を二本指でタップしたままテキスト選択をしてもカットとコピーのアイコンは出てこないんですよねえ。これって仕様なのでしょうねえ。二本指タップ→カーソル移動で選択してもカットとコピーのアイコンが出てくれればより便利なのです。

ということで、今のところこんな感じでカットやコピーをすることにしました。

最初にコピーやカットしたい最初か最後の部分をタップしてカーソルを移動させておきます。または二本指タップのままカーソルを移動させます。そのあとキーボードをダブルタップして文章全体を選択しておきます。それからキーボードを二本指タップしたまま選択範囲の調整をカーソル移動で完了します。そのあとはアイコンがキーボード左上に出ているのでカットかコピーのアイコンをタップしてペーストしたい位置にカーソルを二本指タップかそのままタップで移動します。そして左上のペーストアイコンをタップして完了です。まあ、これだけでも随分と簡単にコピペ出来るのでいいのですが、いつでもカットとコピーのアイコンが出てくれればいいなあ。(今日もiPad Airでこの文を打ちました。)

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする