ポケットにも入るぞ185gで軽量なうえに三つ折りタイプ小型Bluetoothキーボードが評判高し

iPad Airを使うときはソフトウエアキーボードで入力をすることがほとんどです。思いっきり長文を入力するときにはAppleのBluetoothキーボードを使って入力をします。普段使っているキーボードなので違和感なく打てていいのです。しかし、難点は割りと重量があるということです。カバンのなかに入れてiPad Airを一緒に持ち運ぶとなると結構な重さになるのですねえ。

Apple Wireless Keyboard は400gを軽くこえる重量なのでもっと軽いものがいいなあということで購入した小型のBluetoothキーボードがもう一つあるのですが、これは矢印キーが変則パターンになっていてとても使いにくいのでそのうち使わなくなったんですよねえ。軽くてよかったんですけど。

自宅で使うにはApple Wireless Keyboard で十分なのですが、外出時に持ち運ぶキーボードはもっと軽くてコンパクトなものがいいですよねえ。でも、コンパクトといってもキーピッチがある程度ないと打ちにくいし。あと意外と困るのが外付けのキーボードを使っている時にiPadやタブレットをたてかけておくのに困るのですねえ。私の場合はケースのフリップ側がうまく三角になって立てることができるのですけれど、普通はなにか立てかけるものが必要ですね。

そんな不満点を解消してくれるキーボードを見つけました。これです。

3E Bluetooth3.0 折りたたみ式 キーボード deleteキー付 デリートキー付 iOS/Android/Windows切替可能 デリートキー付 deleteキー付 スタンド兼用レザーケース付 ワイヤレスキーボード ポータブル iPad・iPhone・Android・アンドロイド等 あらゆる端末に適用 スマートフォン・スマホ・タブレット リチウムポリマー電池 内蔵 充電式

3Eの小型Bluetoothキーボード「3E-HB066」の特徴はまず折りたたみなこと。それも二つ折りではなく三つ折りだということ。これによってよりコンパクトに収納できるようになります。ポケットにもなんとか入る大きさになりますよ。

61NFB5aa-jL

大きさは折りたたみ時には約W146×H93×D17mmになり、使用時は約W251×H93×D14mmの大きさになります。キーピッチは17mmなので普通に打つことができます。

61UsN9njLhL

重量は185gなので軽量です。これならカバンの中に入れておいても問題ない重さです。

軽くて三つ折りだと剛性感が足りずにふにゃふにゃする気がするのですが、レビューを読む限りしっかりとした感じで不安感もなく打つことができるようですよ。それをアルミを使った特殊素材を外装に採用することで解消しているようです。アルミを使っているおかげで高級感もでているようです。

電源は付属のmicro USBケーブルで充電するタイプで乾電池ではないのです。充電後約84時間の連続使用が可能になっています。

電源はスイッチがない代わりに折りたたむと自動的に電源がオフになり開くとオンになる省電力設定なのです。これはとても便利な機能です。電源オンするワンアクションがないだけですごく使い勝手がよくなると思います。

あとはこのキーボードを使っている時のiPad Airなどを立てかけるスタンドです。これは本体付属の高級レザータイプ保護ケースがスタンドを兼ねているんです。これも便利。

61ugTU0iYDL

値段はこれを書いている時点で6,458円です。保護ケース付属です。本体だけだと3,999円で売られていますが、保護ケースがあったほうがいいかも。コンパクトなキーボードはiPad AirやiPad miniを使っている時にあったらいいアクセサリだと思います。常用しないまでもカバンの中に入れておくと役に立つ場面もあるでしょうね。少々値段ははりますがその価値はありそうです。

気になるものを探そう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

目次
閉じる