しまった!iPhoneで書きかけの文章を消してしまったよってときは振って解決

この記事は約2分で読めます。

長い間iPhoneを使っていますが、知らないことはまだまだあるようです。iPhoneで文章を入力している時にたまにやってしまうことがあります。この部分をコピーしてこっちに貼り付けてと思いながらその部分の文章を選択した後に、何も考えずに「削除」してしまうことが。

こんな時に「あー!」ってなってしまいまたまた打ち直すということをしていたんですが、一発で復活する技があったんですね。

iPhone復活1

iPhone復活3

そんなときは慌てず騒がずiPhoneを軽く振るのです。

iPhone復活4

軽く振ると「取り消すー入力」と画面に出てくるので「取消」をタップすれば文章選択時に戻るのです。

iPhone復活2

これは知らなかった。

この技が使えるのは選択していた部分を復活するときだけです。一文字ずつ削除した場合は使えません。キーボードが出ている編集画面を「完了」タップで閉じてしまうと選択部分はリセットされてしまうので、再び編集画面にして振っても復活はできません。

これは便利に使えそうです。まだまだ知らないこと、あるんだなあ。

「えっそんなの知らなかったよ」という方はお試しください。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする