「ZenFone 2」が5月16日に国内発売開始でどのモデルにすればいいのでしょう

4月20日に発表があった「ZenFone 2」 価格が思ったよりもちょい高めだったので、ちょっとなあと思った方もいるでしょうねえ。しかし、世界初のメモリ4GB搭載で2.33GHz駆動クアッドコアのAtom Z3580、64MBのストレージ、5.5インチIPS液晶(1080×1920ドット)で54,862円なら妥当ではないかと思います。

日本国内で展開されるのは3モデル
最上位モデル
Atom Z3580(最大クロック2.3GHz)
メモリ4GB
ストレージ64GB
税込54,864円

ミドルクラスモデル
Atom Z3580(最大クロック2.3GHz)
メモリ4GB
ストレージ32GB
税込49,464円

エントリーモデル
Atom Z3560(最大クロック1.83GHz)
メモリ2GB
ストレージ32GB
税込38,6644円

Zenfone21

以前書きましたが、このZenFone 2の魅力はIIJmioやOCNモバイルONE等のdocomo系MVNOのSIMだけでなく、mineoのSIMも使用可能だという点です。ZenFone 2はMVNOのSIMでの使用だと思うので、docomo系だけではなくau系のSIMも使えるとなれば選択肢が広がります。そういった意味でもZenFone 2は魅力的だと思います。

それではどのモデルを選択すればいいのでしょう。microSDカードをすでに持っている場合はミドルクラスのモデルでいいのではないかと思います。32GBのストレージの他にmicroSDをさすことでデータを格納できます。内蔵のストレージは個人的には32GBあれば十分なので、手持ちにmicroSDがあれば49,464円で済ますことができます。

やはり世界初となるメモリ4GB搭載モデルを購入しておけば長く使い続けることができそうです。予算に余裕があればストレージが64GBの上位モデルを手にするのが一番だと思いますが、ミドルクラスでも十分ではないかと思います。

とりあえずZenFone 2が欲しいという場合はエントリーモデルでも十分でしょう。

競合するのはどのMVNOのSIMを使うかによりますが、Xperia Z3の白ロムがdocomo auともに4万円から4万5千円のあたりなので、Zenfone 2のミドルレンジよりも若干安いという状況です。

ちなみにAmazonでは
Xperia Z3 (docomo)の白ロムは42,000円からあります。
Xperia Z3 (docomo)の白ロムは38,500円からあります。

防水防塵の機能を求めるならXperiaも選択肢に入れておくべきでしょう。

ZenFone 2はdocomo,auのSIMを使うことが可能で5.5インチの大きな液晶ではあるものの大きさが似通っているiPhone 6 Plus、Nexus 6と比べても一番コンパクトなので、扱い易いのではないでしょうか。

iPhone 6 Plus、Nexus 6と比べても価格が低いという部分も魅力です。現在予約受け付け中ということです。気になる方は店頭で展示が始まったら手にとってその感触を確かめてから決めてもいいと思いますよ。

MVNOのSIMとだき合わせでの販売網も多数用意されているようです。回線とともに毎月割賦で購入するというパターンもSIMフリー機も一般的になるのかもしれませんが、そうなるとキャリアの販売方法とかわらなくなるので、個人的にはだき合わせのものは購入せずに単体で購入し、好きなMVNO SIMを使うのがいいですねえ。

ZenFone 2は価格がZenFone 5よりも上がったとはいえ、魅力的なSIMフリースマートフォンということは間違いないです。ワクワクするSIMフリースマートフォンを今後もどんどん国内に投入してほしいですね。

「ZenFone 2」の利点・機能・性能を見せつけるタッチ&トライ会場での速攻フォトレビュー(Gigazine)

au Xperia Z3 SOL26 White 白ロム
ソニーモバイルコミュニケーションズ
売り上げランキング: 1,535
Xperia Z3 SO-01G docomo [Copper] 白ロム
Sony
売り上げランキング: 17,890
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする