iPhoneのヘルスケアと連動して歩数や距離を即確認できる「FitPort」が便利です

Appヘルスケア

iPhone 5sにはiOS8になってヘルスケアというアプリが常駐しています。歩数のデータはiOS8にアップデートしたときからずーっと記録されているので、常にiPhoneを持ち歩いている方であれば自分のデータを見ることができるので面白いのです。

しかし、ヘルスケアのデータの表示はお世辞にも見やすいとはいえないので、簡単に歩数データを確認できるアプリがないか探していたらありましたありました。

fitport1

「FitPort ヘルス&フィットネスダッシュボード」というアプリです。ダッシュボード形式で手軽に歩数等を確認できるのです。これ便利!

「FitPort」の機能は
FitPortはヘルスケアアプリから、以下のデータを表示します。
手動でデータを記録することもできます。
– 歩数(iPhone 5s/6/6 Plus のみ自動表示)
– ウォーキングとランニングの距離(iPhone5s/6/6 Plus のみ自動表示)
– 上った階段数(iPhone 6/6 Plus のみ自動表示)
– 自転車の走行距離
– NikeFuel(表示のみ)
– アクティブカロリー
– 基礎代謝量
– 摂取カロリー
– 体重
– BMI(ボディマス指数)
– 体脂肪率
– LBM(除脂肪体重)

というもので歩数と距離は自動で表示してくれます。最初の設定だけであとは見たい時に「FitPort」を開くだけ。

ただし、「FitPort」自体が歩数や距離を計測するのではなくヘルスケアのデータを表示する形式なので、ヘルスケアとの連携が必要です。

さて、「FitPort」の使い方です。これまた簡単!アプリの利用開始時に、ヘルスケアの健康データへのアクセス許可シートが出ますから、それの利用したい項目をオンします。

歩数と距離だけ確認したいので、歩数とウォーキング+ランニングの距離のみ連携します。書き込み、読み出しの許可の両方をオンにします。

これで終了。あとは「FitPort」で確認するだけです。とても簡単です。

連携する項目はあとから追加できます。

右上の歯車アイコンをタップして「データ設定」をタップ。連携できる項目が並んでいるので、連携したいデータの箇所をタップして、「データ表示」をオンにします。

fitport2

fitport3

連携をした歩数とウォーキング+ランニングの距離には「データ設定」からゴールの数値も入力できるでの、ここで1日の目標数値を入力します。これであと何歩あるかないといけないかも確認できますから、意識的に歩こうという気になります。

ヘルスケア単体だとなかなか活用できないのですが、このような連携アプリを使うことでデータをうまく活用できるようになります。「FitPort ヘルス&フィットネスダッシュボード」はこれを書いている時点では240円の有料アプリなのですが、十分な働きをしてくれるので満足です。

そろそろ暖かくなってきますから、iPhoneをポケットにしのばせて、ウォーキングやランニングをしてみましょう、皆さん!

FitPort ヘルス&フィットネスダッシュボード
開発: Flask LLP

この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする