iPhoneの入力で便利な「日付」と「西暦・和暦」

Apple

iOS 8のiPhone 5sでテキストを入力するときにすごく便利だなあと感じているのが「日付」の入力です。特にメモに日付けを入れたいときに、いちいち2015年3月6日と打つのは大変なので、「きょう」と入力すれば「2015年3月7日」と変換候補が出てくるので、簡単に入力することができるのです。

「きのう」と打てば「2015年3月6日」などが変換候補にあらわれます。「ことし」と打てば「2015年」となるし、「きょねん」と打てば「2014年」「平成26年」と出てくれるのでいい具合なのです。

変換7

といっても、これはAndroidスマートフォンでもできるので、特にiPhoneが優れているのではありません。Xperia Z Ultra SOL24で確かめましたが、POboxでもATOKでもこの変換は可能です。

しかし、iOS 8のiPhoneの場合は「こんげつ」と入力すると変換候補に「弥生」が現れ「せんげつ」と打てば「如月」が現れます。「らいげつ」と打てば「卯月」がでてきます。

変換4

変換2

Macでもこのような和暦の変換が可能なので、それに準じていると思われます。和暦自体は使うことはほとんどないと思いますが、こんな変換候補をあげてくれるiPhone、Macに和の心を感じたのでありました。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする