Kindleがやってきたので早速購入していた電子書籍を読むことにします

kindle

Kindle届きました。Kindle Paperwhiteではないエントリーモデル、それもキャンペーン情報付きのもので6980円です。しかし、クーポンコードを入力することで2000円も割引!ということで4980円で手に入れたのでした。Kindleは 2010/09/18に「Kindle 3G Wireless Reading… $189.00」を購入しています。のちにKindle Keyboard 3G と呼ばれるモデルです。アカウントを統合しても、Amazon.co.jpからはコンテンツを購入することができないです。

そんなこともあり、今回日本のAmazonで購入した電子書籍を読みたいなあと思ってKindleを購入したのです。

そして、昨日Kindleが届きました。購入価格はクーポンコードを使うことで4980円で購入できました。この価格には満足です。

さて、早速開封です。小さな箱に入っています。

Kindle1

Kindle Keyboard 3Gとの比較です。反応速度ははやくなっています。液晶は若干明るくなったような気がしますが、基本的にはそんなに差がないですねえ。Paperwhiteであればもっと紙に近い感覚でしょう。

Kindle4

設定は簡単です。WiFiの設定をしてアカウントを入力することで完了です。Chromebookといい、Kindleといい、アカウントを入力するだけで環境が整うのは便利ですねえ。

e-inkスクリーンは見易いです。Kindle Paperwhiteではないので、ライトは付いていませんが、私の使用方法では問題ないです。解像度もKindle Paperwhiteよりも低いのですが、テキストベースなら特によみづらいということはないですね。

フォントも8種類の文字サイズから選べます。辞書も搭載されているので、わからない言葉が出てきたときに調べることもできます。この辺りは読書をする上で便利な昨日です。ハイライト、メモも可能。簡易的に翻訳もしてくれます。

Kindle2

Kindle3

カバーやケース類はAmazonで一緒に購入しませんでした。Kindle Keyboard 3G に純正のレザーケースをつけているのですが、これが重い重い。文庫本と同じ重さでないと手がつかれるので、今回はカバーなしで読書をします。持ち運び時にはケースにはいれようと思っているので、エレコムのショップで恐ろしく安いケースを発見したので、PC用のケースと一緒に頼んでいます。ケースは明日届く予定です。

Amazonプライムの会員なので、毎月1冊「Kindleオーナー ライブラリー」の中から好きな本を無料で読めるので、1年12冊読めばKindleの本体代金はペイできますね。

今は角川のセール時に12冊合本になっていた「万能鑑定士Q : 全事件簿」を読んでいます。文庫本も1巻と2巻は持ってるのですが、全事件簿が破格値(2592円)だったので随分前に購入していたものを読み始めました。

寝る前に読むので、iPhoneなどで読む時に比べて、ライトがつかないKindleは目が疲れにくいと感じます。個人的にはこのKindleは購入して正解だったと思います。

どんどんと読書をしていきたいですね。もちろん、気に入った本は本屋さんで購入しますが、電子書籍も読んでいきたいと思います。

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Amazon (2014-10-02)
売り上げランキング: 6
万能鑑定士Q:全事件簿
万能鑑定士Q:全事件簿

posted with amazlet at 15.02.18
KADOKAWA / 角川書店 (2014-04-30)
売り上げランキング: 9,443
この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする