iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

MacBook Air YosemiteでカレンダーのコピペができなかったのはFormatMatchを使っていたからだった

Evernoteにサイトの情報をコピペするときに、そのままコピぺするとサイトのままペーストされるので、純粋なテキスト形式でコピーするときに困ってしまうのです。そんなときに使うアプリは「FormatMatch」です。いちいち立ち上げるのは面倒なのでログイン時に起動するように設定していたのですが、これがカレンダーのイベントをペーストできない原因でした。

FormatMatchのことを書いたエントリーはこちらです。
Macに入れておくと便利なコピーしたテキストの情報を削除してプレーンテキストでペーストできる『FormatMatch』

Evernoteやメモを使う時にはシンプルなテキストだけがいいので、FormatMatchは重宝しているのです。

さて、MacBook AirをYosemiteにアップデートしてからカレンダーのイベントをコピー&ペーストすることができないと以前書きました。
Mac OS X Yosemiteのカレンダーはこんな感じ

いろいろと検索してみても同様の症状が出ていなかったので、私のMacBook Airの環境下だけで起こる現象だと判断して原因を考えていたのですが、タイトルの通り「FormatMatch」を起動していたためということがわかりました。

カレンダー1
「FormatMatch」を起動させているとカレンダーのイベントをペーストすることができません。「イベントをペースト」がグレーになっています。

カレンダー2
「FormatMatch」を終了させておくと、「イベントをペースト」が可能になりました。

これでカレンダーのコピペ問題は解決です。地味に不便だったので一安心です。

MacBook Air 1400/11.6 MD711J/B
MacBook Air 1400/11.6 MD711J/B

posted with amazlet at 14.11.06
アップル
売り上げランキング: 15,434
気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする