コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

iPhone 4s→iPhone 5c→Xperia Z Ultra SOL24→iPhone 5cの話

人間40代にもなりますと目の方が見えずらくなってくるのです。老眼という響きはいかにもという感じで認めたくない症状でありますが、数年前から老眼になってきたようで手元がだいぶぼやけるようになってきました。しかし、近視なせいもありメガネをひょいと上に上げてみればはっきりくっきりと見えるのでその点は全方向カバーできるのです。

私の妻も同年代。ということは彼女も手元がだいぶ怪しいのです。しばしばiPhone 5cの画面をみながら「見えない〜」とつぶやいております。そもそも妻はiPhone 4sを使っておりまして、使っていながら電話はやっぱりガラケーの方がいいかもというのでソフトバンク iPhone 4sをMNPでauのグラティーナに変えました。そのあとはiPhone 4sに下駄をはかせb-mobileのSIMをさし2台持ちで使っていたのでした。非常にマニアックな仕様です。

しかし、3.5インチ画面はさすがに小さいというので、iPhone 5cの新品白ロムにチェンジし、SIMのサイズも変わるのでb-mobileからOCNモバイルONEに変えて現在に至るというわけです。

4インチで見えにくいならばiPhone 6 Plusがいいのでしょうが、なかなか「ほいどうぞ」と渡せる価格帯のものではないのです。一括で払うには白ロム、SIMフリー版ともにMacBook Airが買えそうな金額ですから。前述した通りiPhone 5cはドコモ版でOCNモバイルONEのMVNO SIMをさして使っています。この抜群のコストパフォーマンスを味わうとキャリアで契約しようとは思えなくなります。

それなら、今私が使っているXperia Z Ultra SOL24はどうかと思い、昨日の夜にGoogleのアカウントを妻のものに変えて不要なアプリを削除して最低限使えるアプリを残したAndroid初心者仕様にして渡してみました。これなら画面も大きすぎるくらい大きい、でもコンパクトで軽いので使いこなせればいい相棒になるかもしれないと思ったのです。

さてさて、Xperia Z Ultra SOL24はiPhone 5cの代わりになるか?

結果的に半日もたたずにギブアップです。

「iPhone 5cの方が使い易い」

という結論になりました。

■めざましに毎朝使うけど止めるのが大変
妻はめざましでiPhoneを朝一番で使います。設定は問題ないのですが、朝目覚ましが鳴った時にiPhoneは画面をスワイプで止まります。でもXperia Z Ultra は電源オンをしてとめないといけません。電源は手帳型ケースに入れているためちょっと押しづらい位置にあり、若干手間取ったようです。

■写真のアルバムへの移動の仕方がわからない
妻は朝次男のお弁当を作っています。作ったお弁当の写真をiPhoneでとりアルバムに整理しているのですが、Xperia Z Ultra のアルバムへの写真を移動する方法がわからなかったようです。Xperia Z Ultra に内蔵されている写真アプリ『アルバム』はフォルダで表示する形式なのでファイラーで写真をまとめたいフォルダの中に移動しなければなりません。iPhoneのようにできるかと思い朝やっていたのですが、結局できず、次男に「かあさんにはこれ、ちょっと無理なんじゃない?」と言われたそうです。

■LINEの履歴や写真がそのまま見ることができない
最初はそんなのいいよと言っていたLINEを今わりと使っているようです。iPhoneからずXperia Z Ultra SOL24に移行する場合、LINEも移行しなければいけません。iPhoneからiPhone、AndroidからAndroidなら問題なくそのまま移行ができ、前機種と同じように使えます。でもiPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneの場合、履歴までは引き継げません。機種をとっかえひっかえしている私の場合はバックアップとしてテキストが存在していればいいかなあと思うのですが、彼女の場合、昔の発言や写真がそのまま見れないのはとっても困るなあということなので、この点も問題点です。

■iMessageが使えない
LINEに移行しつつありますが、離れて暮らしている長男はiPhoneを持っていますが、LINEを使っていない?ようなのでLINEで連絡はできません。送信状態や開封状況がわかるiMessageは実は家族間の連絡網としては重宝するツールで、このメッセージが使えないというのは非常に困るというのです。確かにそうですね。

とまあ、こんなことで午前中早々にXperia Z Ultra SOL24の使用をあきらめ、元のiPhone 5cに戻ったというわけです。

Androidにはフォルダの仕組みをある程度理解しなければなかなか使いこなせないという感じがします。音楽ファイルや写真や動画がどのファイルに入っているのかを意識する必要があります。単体で使っている分にはそのままにしておいても使えると思いますが、SDカードにデータを動かそうとするときなどにはやはりフォルダとは何かがわかっていないと少々難しい作業になるでしょう。

でもiPhoneは違います。フォルダなどは意識せずに使うことができます。そんなに機械系に強くない人でも問題なく使えてしまいます。また、使い方がアプリ間で大きく違うことはないのでなんとなく使えてしまうのです。ここがiOSのすごいところです。

そのことを今朝の一件で強く感じたのでした。うちの妻はiPhoneが存在し続ける限りiPhoneを使い続けるでしょう。

※黄色いiPhone 5cがすごくかわいいのでこれを機会にiPhone 5cをiPhone 5の後継にしようと思っていたのですが、計画は失敗に終わりました。やはり白ロムiPhone 5cの32GBあたりを手に入れないといけないかもしれません(笑)

docomo iPhone 5c 32GB イエロー MF150J/A 白ロム Apple
Apple Computer
売り上げランキング: 4,950
ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする